ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > オーストラリア ケアンズライフ リポート♪ > ケアンズで環境保護ボランティア

オーストラリア ケアンズライフ リポート♪

ワーキングホリデーでこんな仕事!!ケアンズのアクティビティー情報!!

第11回 突撃取材! ケアンズで環境保護ボランティア!編

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

ケアンズのアクティビティー!!ケアンズで環境保護ボランティア!編

STEP1

コンサベーション・ボランティアズ・オーストラリア《Conservation Volunteers Australia=以下CVA》は、ケアンズにオフィスがあり、世界各国の人たちが環境保護のボランティア活動を行っています。

STEP2

行っているプロジェクトには、以下のようなものがあります。

●植林
●植物・動物の環境復旧作業
●植物種採取
●国立公園の遊歩道メンテナンス
●宅地清掃
●遺産復旧
●宅地復旧
●沿岸保護等です。

STEP3

コンサベーション・ボランティアズ・オーストラリア(以下CVA)は、オーストラリアにあるボランティア団体で最大の規模を誇ります。
ナショナルコミュニティー(国家組織)で、利益を得る為に行っている団体組織ではありません。
毎年大体2000人くらいの人が色々なプロジェクトに参加しています。

STEP4

上記のような活動ですが、一日に約35ドル参加代を支払います。
そうすると、活動中の全ての食事・宿泊施設と活動中に必要な移動交通費がすべてと、団体のTシャツが含まれます。
年齢は17歳から70歳までの方が参加可能です。

STEP5

申し込みは、毎週金曜日までに翌週の月曜日から金曜日までの1週間分のプロジェクトをみて申し込みます。
その週によって行う活動が違います。
各プロジェクトは通常1週間か2週間です。
仕事をする時間は、朝8時から夕方4時まです。
(一日のこの労働はかなり体力勝負です)
用意してもらいたいのは、天候に対応できるもの。
雨具や暑さ寒さに対応できる洋服・寝袋等。
活動の種類は、天候によって変わりますが、バラエティにとんだものを用意しています。
それ以外に何よりも必要なのは、ご自身の健康です!
安全ガイドというものを、団体では発行しておりコレをしっかり理解して守って活動に参加しなくてはなりません。

STEP6

そして、各活動には必ずチームリーダーがいますが(1チーム大体5人のボランティアに1人の経験あるチームリーダが着きます。)、その方の言っていることが最低でも理解でき、安全な状況で活動をしていかなくてはなりません。
なお、チームリーダーは、団体の職員です。

STEP7

ボランティア活動に参加しているのは、勿論地元オーストラリア人・日本人・フランス人・イタリア人・西アフリカ人・アメリカ人・ニュージーランド人など、国際色豊かです。
年齢もさまざまで、職業も学生・主婦・定年退職者・バックパッカーなどの方がいます。
こういった環境のなかでの活動は良い英語の勉強にもなりますし、なによりも良い経験になると思います。
活動中は、キャラバンパーク・ホステル・テントなどに泊まり、食事は皆で作ります。
掃除・洗濯もみんなで分担です。
もしも、料理を全くした事が無い人や苦手な人がいても、それは全く心配はいりません!
出来るものをやってみんなで助け合っていきます。
食べ物にアレルギーがあったりしたら、それはリーダーに知らせておけば問題ありません。

STEP8

ここまでの内容で、実際に活動に興味を持ち参加を決めたら、用意しておくものは、以下の通りです。

●バックパック
●レインコート
●長袖シャツ
●つばの大きな帽子
●ガーデニングブーツ
●日焼け止め
●サングラス
●長ズボン
●作業用ブーツ
●寝袋・マットレス
●虫除けネット・スプレー
●水筒

などを用意しておきましょう。

STEP9

ここケアンズには、世界遺産のグレートバリアリーフ・熱帯雨林があります。
ここでの活動は大変価値のあることだと思います。
さあ、皆さんいかがでしょうか?
ボランティア活動に参加してみたいけれど、そのきっかけがなかったまた、どうやって申し込んだら良いのか手がかりがなかったというそこのあなた!
ぜひ活動に参加してみましょう。
一生記憶に残る経験がまた、ここで出来ます。
詳しくはジョイネットジャパンまでお問合せください。

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む