ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > オーストラリア ケアンズライフ リポート♪ > ケアンズのお役立ち情報!

オーストラリア ケアンズライフ リポート♪

ワーキングホリデーでこんな仕事!!ケアンズのアクティビティー情報!!

第17回 突撃取材! ケアンズのお役立ち情報!編

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

ケアンズのアクティビティー!!ケアンズのお役立ち情報!編

みなさん、いかがお過ごしですか!
こちらケアンズは、ただ今涼しくて過ごしやすい乾季に入っております。
さてさて今回は、現地での生活習慣アレコレをふまえ、★お役立ち情報inケアンズ★と題して生活に密着した情報をご案内いたします。

ケアンズにて学校や仕事をスタートしたいと考えている皆さんのほとんどの方が、日中は学校やアルバイト、と考えていると思います。
では、学校や仕事が終わった後、休日などはいったい何をして過ごすんだろう?
と気になっている人はいませんか?
普段の生活はどこで何をしているのか、そんな疑問をお持ちの方も多いはず。
今回は、そんな皆さんの少し気になる日常のケアンズライフの過ごし方についてご案内したいと思います。
まず、学校のお昼休みや放課後などに、クラスメイトや仕事仲間とランチや午後の休憩をする人気スポットです。

ピアマーケット=Pier Market

Pier Marketと呼ばれるショッピングモールの裏側には、たくさんのクルーズ船が停泊している港があります。
そこにはカフェや、レストランがあり、観光客はもちろん、地元の人たちのくつろぎの場となっており、その港の素晴らしい景色とともに食事やアフタヌーンティーを楽しんでいます。
ここはケアンズの中でも、ゆっくりとした時間を楽しむことができるポイントの一つです。
このカフェでバニラアイスとクリームの入ったアイスドコ−ヒーとともに友達と昼のひとときはいかがですか。

休みの日や放課後は何をして遊びましょうか。
意外と皆さんご存じないのが、ケアンズの街の中心には、残念ながら泳げるビーチがないということです。
そこで3年前に完成した人口ビーチの市民プール、ラグーンLagoonです。

ラグーンLagoon

Lagoonは誰でも入ることが出来る無料プールです。
とは言っても、シャワーも更衣室ももちろんあります。
水着さえあればいつでも歩いていける快適なスポットとなっております。
土日には日光浴をする水着姿の人々であふれ、南国気分まちがいなし!ですね。

さて、一般的に学生やワーキングホリデーで来られる方々の中で、ほとんど人がまずオーストラリアの現地の家庭にお世話になる、ホームステイからはじめます。
最短では1週間から3ヶ月ほどのホームステイのあと、1人暮らしをはじめる方も多くいます。
学校のシェアハウスにて他の生徒さんと生活する人、地元のアパートなどを借りて暮らす人とそれぞれありますが、どれもホームステイの家庭で教わったオーストラリアで生活していく上での知識を活かし、ひとり立ちすることとなります。
そこで、その1人で暮らす人のためにケアンズでとても役に立つショッピングセンターをご案内しましょう!
こちらはケアンズの街の中心部にあるケアンズセントラルショッピングセンターCairns Central Shopping Centreです。

ケアンズセントラルショッピングセンターCairns Central Shopping Centre

ここで揃わないものはないと言うほどの大きなショッピングモールで、その中には薬局、郵便局、洋服店、ディスカウントショップ、雑貨店、そして美容室など、160店舗ものお店が毎日営業しています。
特に皆様が生活する上で欠かせない自炊は、ここにある2つの巨大スーパーで賄うことが出来るでしょう!

おにぎり専門店OMU

滞在が長くなってくると、どうしても日本が懐かしくなることが誰にしもあります。
楽しい生活や充実した日々の中でも、特にお腹だけはわがままになりがち。
そんな方にお勧めのお店、OMUことおにぎり専門店です。
半年前にオープンしたばかりのお店ですが、日本の素朴なおにぎりに加え、ピリ辛マヨネーズチキンおにぎりなどのオリジナルの商品も人気を呼んでいます。
テイクアウトもでき、各種$1〜$2ほどでリーズナブルに日本の味を満喫できますね。
学校や仕事場で出会った異国の友達にもお勧めしてみてはどうでしょう!

突然ですが、みなさんに是非ケアンズならではのおいしくて新鮮なフルーツや野菜を召し上がっていただきたい。
というわけで野菜にフルーツと言えば、週末(金・土・日)に開かれるラスティーマーケットRasty marketでしょう!

ラスティーマーケットRasty market

こちらも街の中心にあり、地元の農業で働かれる方々が週末のみ街に出てきて、それぞれが収穫したその時期一番おいしい農作物を並べて販売しています。
ルーツはそのほとんどがトロピカルフルーツの代表と言えるものばかりで、パイナップル、キウィ、バナナ、メロン、スイカなどなどに加え、カスタードアップル、ジャックフルーツ、パッションフルーツ、スターアップルなど見たこともない形をした不思議なフルーツもたくさん売られています。
たくさんの店の中でフルーツを専門に扱っているブラウンさんのお店ではさまざまな種類のフルーツの中でもマンゴーが一番人気だと言うことです。
マンゴーはこちらではごく一般的なフルーツのひとつで、日本では1個何千円もすることのありますがこちらでは100円程度で売られていました!
みなさんも、地元の人々に混じって、時には値切り交渉をして、おいしいフルーツや野菜を買う。
こんな買い物も週末の一つの楽しみにしていただきたいですね。

取材後記

レポーター&カメラマン 竹内健太郎 年齢 25歳 出身 大阪

ケアンズは、世界遺産のグレートバリアリーフや熱帯雨林を代表に世界の中でも人気の観光地です。
そんな大自然に囲まれ、多くの学生やワーキングホリデーメーカーが生活しています。
日本の都市やシドニー、ゴールドコースト、メルボルンのような近代的な建物やテーマパークもありませんが、そういった環境で皆さんがこの田舎のケアンズで小さな楽しみを見つけて生活していただきたいですね。
ケアンズで生活している人達から良く聞く言葉があります。
「限られたものの中でどう楽しむか。」日本ですべてに満たされ、しかしながら迷い、満足できないあなた、ケアンズで地元に触れ、新しい自分を今見つけてみませんか?

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む