ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > オーストラリア ケアンズライフ リポート♪ > パロネラパークツアーで働く日本人女性!

オーストラリア ケアンズライフ リポート♪

ワーキングホリデーでこんな仕事!!ケアンズのアクティビティー情報!!

第32回 突撃取材! パロネラパークツアーで働く日本人女性!編

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

ケアンズのアクティビティー!!パロネラパークツアーで働く日本人女性!編

皆様こんにちは。
今回初めてケアンズのレポートを担当させていただくマリコです。
日本とは地球の反対側、南半球にあるケアンズは季節が日本と正反対、7・8月が1年で一番寒い時期です。
その冬が終わりちょうどこれから、ケアンズのベストシーズンが到来です。
気温も寒すぎず、暑すぎず、さわやかな風が毎日のように吹き、晴天の日が続きます。

ケアンズはいわれずと知れた観光の街。
日本からのお客様も沢山訪れるこの町では沢山の魅力的なツアーが催行されています。
その中のいくつかを御紹介すると共に、そのツアーガイドとしてワーキングホリデイビザで働いている真智子さんに話を伺ってみました。

ツアー&観光スポット紹介

1.ライトアップパロネラパークツアー

スペインからの移民、ホセ・パロネラがいつか自分の城を持ちたい、という夢をかなえるために建てられた神秘の古城がパロネラパークです。
夜にライトアップされた園内を貸切にする日本語ツアーはこれだけ!
オーストラリア国内でも大人気のツアーアトラクションで、毎年アンケートで上位に食い込みます。
ツアー中に立ち寄るイタリアンレストランも地元人に大人気。
ケアンズから1時間以上離れていて、なかなか自分ではいけないところにあるので、楽しい日本語ガイドとツアーで行くのがお勧めです。

催行:グローバルトラベルサービス

2.グルメディナーと土ボタルツアー

ケアンズ郊外にある開拓時代の雰囲気漂うレストランでおいしいと評判のディナーを召し上がったあと、日本では見ることの出来ない土ボタルを見に行きます。
淡い光を放つ土ボタルが創り出す幻想的な空間は、ケアンズに来たら必見です。

催行:どきどきツアーズ

3.キュランダ村

ケアンズにある世界遺産の一つ、世界最古の熱帯雨林に囲まれた小さな街キュランダ。
ケアンズとこの町を結ぶ乗り物アトラクション、スカイレールと高原列車が大人気です。
スカイレールは空から森の様子が楽しめるロープウェーです。
列車は100年以上前に建設された線路の上を当時の雰囲気をそのまま楽しむことができます。
また、キュランダ村ににあるマーケットでのお土産探しも、旅のいい思い出となるでしょう。
ケアンズで最も人気で知名度のある場所のひとつなので、ここにいくつツアーは様々な種類のものがあります。
詳しくはお問い合わせください。

これらのツアーを成功させる大切な鍵を握るツアーガイドをしている、Machikoさんに話を聞いてみましょう。

Q:では、まずはオーストラリアにワーキングホリデイで来ようと思ったきっかけを教えてください。

Machikoさん以下M:大学を卒業してすぐ、今から3年前に一度ケアンズに来て1ヶ月ほどホームステイをしました。
その時は語学学校とダイビングの免許を取るコースに通いました。
その時の印象がとてもよかったので、また絶対来ようと決めていました。
その後日本に帰って3年間働いてお金をためて来ました。

Q:オーストラリアに着いて最初は何をしたのですか?

M:ケアンズに到着して、その後1ヶ月くらいオーストラリア東海岸沿いを旅行して周りました。
ブリスベン、ゴールドコースト、シドニー、タスマニア、アデレード、エアーズロックと行きました。
そしてその後ケアンズに戻ってきました。

Q:今の生活はどのような感じですごしていますか。

M:お休みの日は家にこもっています。
シェアハウスに住んでいて、全部でオーナーも含めて7人で一軒のうちに住んでいます。
シェアメイトは日本人と韓国人が半々で、あとはオージーのオーナーです。
なので、空いている時間はシェアメイトと家でビールやカスクワインを飲みながらDVDなどを見て過ごします。
家賃は週$100でインターネット、自転車付です。
町に近いのでこれで交通費はかかりません。
支出は家賃も含めて週$150くらいです。
外食などの贅沢をしなければ、十分にこれでやっていけます。

Q:今はどんな仕事をしていますか?

M:オプショナルツアーのガイドです。
ライトアップパロネラパークツアーがメインです。
たまにキュランダツアーや土ボタルツアーなどをすることもあります。
最初に1ヶ月半しっかりとした研修がありました。

Q:仕事をしていてうれしかったことはありますか。

M:今日はうまくガイドが出来たな、というときにはやはりお客様からの反応がよく、ツアー後に拍手を頂く時があります。
その時はとてもうれしいです。
また、ツアーに参加していただいたお客様に別の日に街角であったときに覚えていてくれて、声をかけてもらえる時があってとても嬉しいです。

Q:ガイドさんから見たツアーのアピールポイントは?

M:パロネラパークツアーはカップルにお勧めのロマンティックで素敵なところです。
昼間に自分で行っても入場できるのですが、夜にライトアップを見られるのはツアーに参加している方だけ。
昼間見るよりきれいでお勧めです。
また、夕食のイタリアンバイキングが本当においしいです。
どれを食べてもおいしくて、ケアンズで食べたどのレストランよりもおいしかった、と何人ものお客様から言われます。
メインはピザ、ステーキ、パスタなどがあります。
もともとピザのお店から始まっているので、ピザは特にお勧め。
デザートバイキングも種類が6〜7くらいあり、とても好評で、全種類召し上がる方もたくさんいます。
土ボタルツアーも食事がおいしいんです。
メインはステーキ、チキンパルミジャーナ(チキンカツにトマトとチーズがのっている)、魚料理から選ぶのですが、ステーキは500グラムあるTボーンステーキで、ボリュームがあってお勧めです。
そしてここのパンプキンスープは世界一おいしいです。
こんなにおいしいパンプキンスープは食べたこと無いです。
ツアーのメインである土ボタルは月の光に左右されるので、新月の時に行くのがお勧めです。
日本の蛍の光とは違っていて、青白く神秘的です。
お客様から、うゎー!と感嘆の声が上がることもあり、その時はとてもうれしいですね。
キュランダはコンパクトな町の中に見ることが詰まっているので短時間で見て周れていいです。
スカイレールと列車と、2種類の乗り物に乗るのですが、どちらもいい体験が出来ます。

Q:最後にオーストラリアにワーキングホリデーに来ようと思っている方へメッセージを。

M:迷っているならとりあえず来てみて!
いい意味でも、悪い意味でも日本のいいところが再発見できます。
日本食はおいしいな、とか日本はあらためて素敵なところだ、と感じました。

あとがき

ケアンズには魅力的なところがまだまだ沢山あります。
年々街の整備も進み、きれいなホテルの数も増えますます観光地としての人気が上がっていくでしょう。
ツアーガイドの仕事は気配り、時間のコントロール、話術などなどが必要で簡単な仕事ではありませんが、しっかりと研修してくれる会社と本人の情熱があれば、ワーキングホリデーの限られた時間でも実現することは可能で、そして、この町へ訪れる旅行者の方の思い出の一部になれる、とてもやりがいのある素敵な仕事だとあらためて感じました。

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む