ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > オーストラリアのワーキングホリデー情報コラム > オーストラリア 〜交通事情と生活費〜 

オーストラリアのワーキングホリデー
living column 交通事情と生活費 

オーストラリア 〜交通事情と生活費〜 2014.08.01 up

本日は、オーストラリア現地の交通事情と生活費に関してご案内しますね!

以前にオーストラリアの家賃をご案内致しましたが、本日はその家賃に交通費や食費

娯楽費などを追加した大まかな生活費全体の予算をお伝えしますね!必ずしも、

ご紹介の予算通りの生活をされるとは限りませんが、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

それでは、本日も弊社の現地オフィスがあり、尚且つ主要都市である

シドニー・メルボルン・ブリスベンのご紹介です。

★☆★☆★シドニー交通事情★☆★☆★

【シドニーバス】セクションで分かれています。

片道Single $2.30〜4.60 (セクションにより価格が変わります)

10回分回数券 $18.40〜36.80 (セクションにより価格が変わります)

【電車:シティーレール】距離で分かれています。

片道Single $3.80〜8.60 (距離によって価格が変わります)

往復Return $7.60〜17.20 (距離によって価格が変わります)

≪子ども・お年寄り・学生のみ購入可能≫

7日間往復券 $14.00〜30.50 (距離によって価格が変わります)

14日間往復券 $28.00〜61.00 (距離によって価格が変わります)

★---☆---★シドニー生活費の目安★---☆---★

1番ポピュラー:約$350〜$450 (週)約$1400〜$1800 (月)

家賃+交通費+食費+娯楽費などなど!一般的な家賃で遊び過ぎなければこのくらい!

何かで贅沢したい!:約$400〜$500 (週)約$1600〜$2000 (月)

家賃を奮発して、楽しい我が家くらし?家賃を抑えて贅沢な外食生活?

どちらかを考えるなら、このくらい!頑張って働いている人には充分可能です!

さすが、大都市シドニーですね!お金かかります。

★☆★☆★メルボルン交通事情★☆★☆★

ビクトリア州の交通機関により、Myki という電子チケット管理され

電車・バス・トラムなどを利用することが可能です。

Myki money : 利用の時に毎回金額が引かれるタイプ

2-Hour $3.58(Zone1)$2.48(Zone2)$6.06(Zone1+2)

Daily $7.16(Zone1)$4.96(Zone2)$12.12(Zone1+2)

Myki pass : 定期タイプで、1週間・1ヶ月・1年間と購入できます。

7Days Pass $35.80(Zone1)$24.80(Zone2)$60.60(Zone1+2)

more than 28days pass (1日当たり以下料金なので、× 日数)

$4.40(Zone1)$2.92(Zone2)$6.80(Zone1+2)

★---☆---★メルボルン生活費の目安★---☆---★

【週換算】約$250〜$375【月換算】約$1000〜$1500

メルボルンの場合は、交通費などは大差ないですが、ブリスベンと比べると

家賃が少し高いことが、生活費にも響いているかもしれません。

★☆★☆★ブリスベン交通事情★☆★☆★

TransLinkは電車・バス・フェリーなどを統合運営している

クイーンズランド州の交通機関です。料金はゾーン(距離区分)によって異なります。

片道Single $2.20〜7.70 (ゾーンによって価格が変わります)

往復Daily$4.40〜15.40 (ゾーンによって価格が変わります)

週パスWeekly$17.60〜61.60 (ゾーンによって価格が変わります)

【Go Card(suicaみたいなもの)】

Go card $3.35〜21.35 (ゾーンによって価格が変わります)

Go card off peak $2.68〜17.08 (ゾーンによって価格が変わります)

★---☆---★ブリスベン生活費の目安★---☆---★

【週換算】約$200〜$250【月換算】約$800〜$1000

ブリスベンは外食が高額で、スーパー・コンビニの惣菜などもないので、

自炊をしない方だとぐぅ〜っとアップします。

実際に家から歩いて通えるレストランでアルバイトをしていて

まかないが出ている場合は家賃+20ドルほどで済んでいる方も。。。(週200ドル未満)

もちろん、収入が多い人は上記以上の生活をしている人もいます。

逆に学生ビザの方は、上記よりもっともっと切りつめた生活の方も。

あくまでも目安ですが、これからのご渡航をお考えの方はぜひ参考にしてみて下さいね!

弊社では、交通や仕事、家賃、生活全てに関わることを余すことなくご案内しています。

節約できる所は節約して、楽しく充実のワーホリライフをおくりましょう!

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・

コラムのトップへ戻る