ホーム > カナダのワーキングホリデー > カナダのワーキングホリデー情報コラム > カナダ 〜基礎知識〜 

カナダのワーキングホリデー
living column 基礎知識 

カナダ 〜基礎知識〜 2014.07.01 up

まず最初に、カナダという国をご紹介しますね!

北アメリカ大陸の北部に位置し、アメリカ合衆国と国境を接する

連邦立憲君主制国家です。

カナダは、1982年に正式な主権国家となった比較的新しい国であり

その広大な面積は、約896万km2 で日本の約26倍以上もあり

世界では、2番目に大きな国です。

人口は約3350万人で、日本の約4分の1程度しかいません。

広大な面積を有するカナダは、10州3準州からなり、英語とフランス語の

2つの公用語を持つ多文化国家と言えます。

【オンタリオ州】 流行発信地と同時にビジネスシティであり、カナダの象徴ともいえる「CNタワー」やNBAやメジャーリーグにチームを有するトロントを州都とし、国内で最も人口の多い州。カナダの首都であるオタワはカナダの政治や情報、歴史など全てを集約した街でこのオンタリオ州に属します。

【ケベック州】 フランス語が主体のケベック・シティを州都とする、国内第2位の人口を誇る州シルク・ド・ソレイユで有名な街モントリオールもこのケベック州にあり、ヨーロッパさながらの街並みとフランス語は、カナダにいることを忘れてしまいます。唯一のカナディアンフードとも言われるプーティンは、このケベック発祥です。

【ブリティッシュ・コロンビア州】 英国植民地時代の歴史が色濃く残るビクトリアを州都とし、住みやすい街ランキングで常に上位に輝くバンクーバーが属する国内3位、約440万人の人口を誇るブリティッシュ・コロンビア州。バンクーバーはオリンピックが開催されたことでも有名です。

【アルバータ州】 フェスティバル・シティとして有名なエドモントンを州都とし、ジャスパー、バンフ、カルガリーなど自然に溢れる街も多数あり、特にカナディアン・ロッキー、ジャスパー国立公園およびバンフ国立公園では、誰もが感動と興奮を味わえる大自然のアクティビティがある州。

【マニトバ州】 「クマのプーさん」発祥の地として知られるウィニペグを州都とする、マニトバ州。カナダ全体の農地の約12%を占めるこの州は、国内最長の年間晴天時間を誇ります。

【サスカチュワン州】 かつては平原だったレジャイナを州都とする、サスカチュワン州。現在では、100以上の公園と近代的な都市計画が融合した美しい州。

【ノバ・スコシア州】 カナダ国内で大人気のアレクサンダー・キースというビール発祥の地であるハリファックスを州都とし、美しいフランスの歴史や景観を有するノバ・スコシア州。

【ニュー・ブランズウィック州】 世界一の干満差を誇るファンディ湾やミステリーシティーとして有名な州都フレデリクトンが属しているのがこのニュー・ブランズウィック州。ファンディ湾は、ユネスコ生物圏保護区に指定されているカナダの誇る自然の一つです。

【プリンス・エドワード・アイランド州】 世界的にも有名な「赤毛のアン」の舞台となった州であり、カナダ連邦発祥の地とされるシャーロットタウンを州都に持つ、国内で最も小さく、最も偉大な州。1864年にカナダ連邦成立の為の会議が最初に開かれたことから、「カナダ連邦発祥の地」と呼ばれるようになりました。

【ニューファンドランド&ラブラドール州】 英国系、アイルランド系、フランス系、先住民族系の末裔が多く住み、歴史深くも暖かい方言により気さくな街となっているセント・ジョンズを州都とし、10億年以上もの地層が作り出す断崖やフィヨルドの天然芸術作品を見ることのできるグロス・モーン国立公園を有する自然と歴史に溢れる州。

【ユーコン準州】 5000mを超える山々が連なり、長い間変わらない壮大さを持つ大自然に囲まれるホワイトホースを州都とするユーコン準州。

【ノースウェスト準州】 オーロラと言えば、というくらい有名なイエローナイフを州都として構え、国内最大のウッド・バッファロー国立公園があるのがノースウェスト準州です。

【ヌナブト準州】 1990年に正式に準州としてできた、新しい準州で住民の大半はイヌイット族というまさに氷、フィヨルドの世界なのがこのヌナブト準州です。

以上の10州3準州で成り立っているとても大きな国です。

ミックスカルチャー、メルティングポットとも呼ばれる多文化社会のカナダは

視野を広げ、世界観や価値観を変えられるチャンスを多く持つ国です。

弊社は、東の主要都市である「トロント」と西の主要都市である「バンクーバー」

の2都市に現地オフィスを構えており、幅広いサポートの元に多くの生徒様へ

カナダの魅力を余すことなくご案内しています。

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・

コラムのトップへ戻る