ホーム > カナダのワーキングホリデー > カナダのワーキングホリデー情報コラム > カナダ 〜家賃と住宅事情〜 

カナダのワーキングホリデー
living column 家賃と住宅事情 

カナダ 〜家賃と住宅事情〜 2014.07.10 up

本日は、カナダ現地の家賃と住宅事情に関してご案内しますね!

っと、その前に、、、現在のC$は日本円にするといくらくらいかご存じですか?

C$1=¥105〜110くらいです。と言いましてもここ最近は右肩上がりにぐんぐん

為替レートが上がってますので、数か月後にはもっと。。。かもしれませんが、

C$を換算する目安にしてくださいね!

では、家賃についてですが、もちろん日本と同じく各都市ごとにバラつきがあります。

本日は弊社の現地オフィスがあり、尚且つカナダの2大主要都市である

オンタリオ州トロント と ブリティッシュコロンビア州バンクーバーのご紹介です。

***カナダの住宅事情***

カナダは家賃が月払い、もしくは月単位での計算が一般的です。

カナダでは敷金礼金などは無く代わりにセキュリティーデポジットという

保証金(敷金に近いですね)のようなものを先に支払うのが一般的!

【トロントの家賃相場(月単位)】

★1番人気:約$400〜$500

一軒家の家のハウスシェアの平均がこのくらい!水道代や光熱費、

インターネットが込みでこの値段!ちゃんと個人部屋もあるので、ご安心を。

★2番人気:約$300〜$400

同じハウスシェアでも、電車とバスを乗り継ぐ少し遠い所や汚い場所も多いかも。。。

洗濯機が無かったり。。。でも、安いし個人部屋はたいていありますよ!

★3番人気:約$500〜$600

ハウスシェアなら、結構良いところに住めるお値段。

ダウンタウンのど真ん中にあるコンドにも住める値段!

ですが、コンドの場合は個人部屋の無いリビングシェアなどの可能性も。。。

*トロントはほとんどが水道費や光熱費とインターネット料金が込みになっています。

*トロントのセキュリティーデポジットはファーストandラストと呼ばれ、

入居時に入居月分と退去月分の家賃(2か月)分を支払うシステムです。

家を出る1ヶ月前にオーナーに伝えれば、入居時に支払った退去月分の家賃を

最後の1ヶ月に充ててくれるので、退去月は家賃を支払わなくて大丈夫というシステムです。

【バンクーバーの家賃相場(月単位)】

★1番人気:約$400〜$500 (Downtownをのぞく1ゾーン圏内エリア)

ダウンタウンへのアクセスも悪くなく、比較的家賃を抑えられるので人気が高いと言えます!

★2番人気:約$550〜$700 (Downtown内でのシェア)

やはり便利さ、特に学校や仕事場へのアクセスを考えると

多少家賃が高くても。。。という方も少なくないですね。

★3番人気:約$300〜$400 (便利とは言えないDowntownから離れたエリア)

実際Vancouverに渡航されているお客様で、この層はほとんどいないのが現状。

特別な理由(自宅周辺が仕事場など)がある場合ですね。

*バンクーバーは水道費や光熱費とインターネット料金などが

含まれていない場合も多々あるので、お気を付け下さい。

*バンクーバーのセキュリティーデポジット場合は入居月の家賃+家賃の半分を

先に支払い、退去時に戻ってくるシステムが一般的。

家がなくては、生活が始められません。競争率の高い好条件の

最良な家を探すためには情報収集が必須ポイント!

弊社では、家探しのコツやおすすめロケーションなどもご案内しています。

掘り出し物件を見つけて、充実のワーホリライフをおくりましょう!

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・

コラムのトップへ戻る