ホーム > カナダのワーキングホリデー > カナダのワーキングホリデー情報コラム > カナダ 〜交通事情と生活費〜 

カナダのワーキングホリデー
living column 交通事情と生活費 

カナダ 〜交通事情と生活費〜 2014.08.01 up

本日は、カナダ現地の交通事情と生活費に関してご案内しますね!

以前にカナダの家賃をご案内致しましたが、本日はその家賃に交通費や食費

娯楽費などを追加した大まかな生活費全体の予算をお伝えしますね!必ずしも、

ご紹介の予算通りの生活をされるとは限りませんが、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

それでは、本日も弊社の現地オフィスがあり、尚且つ2大主要都市である

トロント・バンクーバーのご紹介です。

★☆★☆★トロント交通事情★☆★☆★

【Toronto Transit Commission 通称 TTC】

トロント内のバス・サブウェイ・ストリートカーを網羅する交通機関で

相当な遠出をするでもない限りはTTCでどこへでも行けます。

Cash $3.00 (現金での片道*乗り継ぎは規則に従えば何度でも可能)

3tokens $8.10 (1token で片道現金$3と同じく使用可能。)

7tokens $18.90 (1token で片道現金$3と同じく使用可能。)

Day pass $11.00 (1日乗り放題)  Weekly $39.25 (1週間定期)

Monthly pass $133.75 (*$108.00) (1ヶ月定期*学生割引)

★---☆---★トロント生活費の目安(月換算)★---☆---★

1番ポピュラー!約$1030(家賃$500・交通費$130・食費$300・娯楽費$100)

家賃も交通費(マンスリーパス)も一般的でもちろん食費や娯楽費も通常の生活ですね。

2番目に人気!約$880(家賃$450・交通費$130・食費$200・娯楽費$100)

家賃を抑え目、食費も最低限に抑えた場合はこのくらいで

生活することも全然可能!働いてれば貯金できちゃいます!

3位は贅沢に!約$1230(家賃$600・交通費$130・食費$300・娯楽費$200)

家賃が少し高め、食費や娯楽費も少し高めなので、外食も増えて

飲みに行ったり、遊んだり。。ワーキングホリデーでしっかり働いている場合は◎!

★☆★☆★バンクーバー交通事情★☆★☆★

【Trans Link】バンクーバー内のバス・スカイトレイン・シーバスを網羅する

交通機関で、使い方しだいでは Trans Linkでどこへでも行けます。

ZONEごとに分かれ、料金が異なりますので、ご注意ください。

通常片道 $2.75 (1Zone) $4.00 (2Zone) $5.50 (3Zone) *始発〜午後6時30分まで

*午後6時30分以降と土日・祝日は全てのZone共通で$2.75になります。

Day pass $9.75 (1日券:全てのZone)

Monthly pass $91 (1Zone) $124 (2Zone) $170 (3Zone)

★---☆---★バンクーバー生活費の目安★---☆---★

1番ポピュラー!家賃$550+交通費$91(1ゾーン定期使用)

+食費$300+娯楽 費$150=$1091

⇒おそらく、一般的なワーホリ&留学生の方であれば、月に日本円にすると、

おおよそ10万円前後の出費がかかってくると思われます。

2番目に人気!家賃$650+交通費$21(10枚綴り1ゾーン回数券使用)

+食費$400+娯楽費$200=$1271

⇒ワーホリでがっつり働いていて、Downtown内に家がある場合の目安です。

交通費が回数券で済むのでほとんどかかりませんが、その分家賃は高くなります。

また食費も自炊をしなければ、外食は高いのでこれくらいかかるかと思います。

もちろん、収入が多い人はあるいは切りつめている方は生活費に大きく異なってきます。

実際に現地に行ってから、自分なりの節約方法や楽しむ方法が見つかるので

あくまでも目安として参考にしていただき、もっとこんなことができる!など、色々と発見して

自分なりの生活スタイル、留学やワーホリプランを見つけてください!

弊社では、交通や仕事、家賃、生活全てに関わることを余すことなくご案内しています。

節約できる所は節約して、楽しく充実のワーホリライフをおくりましょう!

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・

コラムのトップへ戻る