ホーム > ニュージーランドのワーキングホリデー > ニュージーランドのワーキングホリデー情報コラム > ニュージーランド 〜基礎知識〜 

ニュージーランドのワーキングホリデー
living column 基礎知識 

ニュージーランド 〜基礎知識〜 2014.07.01 up

まず最初に、ニュージーランドという国をご紹介しますね!

ニュージーランドは「北島」と「南島」という主要な2つの島と小さな島々からなる

島国であり、立憲君主制国家です。

日本と同じく島国であるニュージーランドの面積は約268万km2で、

日本の4分の3程度の小さな国です。

人口は約452万人で、日本の30分の1程度しかいません。

羊は約3200万頭で、1人につき7頭の羊を所有している計算です。

14の国立公園を有するニュージーランドは「地球の箱庭」と形容されることがあり

氷河やフィヨルド、山脈、火山台地や亜熱帯の原生林など、

世界旅行に来たのではないかと感じるほど、バラエティ豊かな大自然が広がっています。

国土の約3割を占める自然が国立公園や自然保護区、特別遺産保護区として国から

保護され、この広大な大自然の中で、独自の進化を遂げた野生動物たちも多く見られます。

そのような自然を実現できるのが西岸海洋性気候という四季の寒暖の差が小さく、年間を

通して過ごしやすいと同時に「1日の中に四季がある」と言われるほど朝晩の

寒暖差が大きいところにあり、またその気候の中で見事に自然と溶け込もうとし、

手つかずの自然を心から愛し、楽しむエコな国民性によるものかもしれません。

ニュージーランドは長くこの地を守ってきたマオリ族、またヨーロッパ系、

ポリネシア系、アジア系など移民も多く、多種多様な文化が息づいている国で、

公用語は主言語とも言える英語の他に、マオリ語とニュージーランド手話という3種の

コミュニケーションツールを定めています。

とても教育に力を入れている国とも知られていて、日本の幼児教育業界からも大きく

注目されている「テファリキ」という教育法が生まれた国です。

商業や経済の中心となっている、北島にはニュージーランド最大の都市であり、

「世界の最も住みやすいランキング」で常に上位に輝くオークランドがあり、ニュージーランド

では1番の都会だからこその便利さや住みやすさとマリンスポーツをはじめとする様々な

アクティビティで充実の生活をおくることができます。

また、北島南端にはニュージーランドの首都であり、自然と都市環境の融合を

実現させた、芸術文化に優れるウェリントンがあります。

南島には、「南半球のアルプス山脈」とも呼ばれる立派な山脈がそびえ、その最高峰として

誰もが知るマウント・クックが悠然とたたずんでいます。

南島の中心都市であるクライストチャーチは、2011年に大きな震災に見舞われながらも

現在では、美しく逞しく復興しつつあり、多くの観光客や留学生が訪れています。

このような大自然の中で、気高く誇りを持ちながらも、とても気さくで優しい人々が多く

その人々の可愛らしさや、少しシャイな部分に愛着を込め、国鳥でもある「キーウィ」と

ニュージーランドの人々は呼ばれています。

国全体が世界的に見ても貴重な自然に囲まれ、その人々も自然やもののあり方をしっかりと

考える国、ニュージーランドは教育の場としても最高な場所と言えます。

弊社は、主要都市である「オークランド」と「クライストチャーチ」

の2都市に現地オフィスを構えており、各都市の特色・文化

魅力を余すことなくご案内しています。

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・

コラムのトップへ戻る