ホーム > ワーキングホリデーのジョイネット 会社概要 > ジョイネットの設立経緯

弊社ジョイネットを設立した経緯。

CompanyEstablishStory。ジョイネットの情報センターはなぜ生まれたか?

ジョイネットはオーストラリアのシドニーにて、無料の情報センターとして一番最初に、日本人オーナーの6社の専門各社が集まって1997年に日本人向けの情報センターを設立し、その後、日本オフィスの開設と併せ、現在までに各国・各都市の11都市にネットワークを拡大して来ました。

ジョイネットの設立経緯は、日本で高額なお金を払って来豪される方や、無料サポートという言葉に惑わされて来豪された方たちが、当地の空港にて様々な問題やトラブルに直面している光景をたくさん見てきた事に起因します。

様々な問題やトラブルというのは、不安いっぱいで現地に到着し、空港出口を出ても誰も迎えにきていなかったり、頼れる人もなく、ホームステイのアドレスだけを持って、真っ青な顔をしながら空港内を右往左往している光景をたくさん見かけたりしました。

また、やっと自分の名前のボードを見つけたと思ったら、日本語を一言も話せないローカルの下請け業者(学校手配の業者など)で、オリエンテーションもされず、コミュニケーションもとれず、そのまま黙ってスーツケースだけを引っぱって行かれてしまい、黙ったまま車に乗せられ、空港からホームステイ先へ案内したりしていました。

ホームステイ先が郊外の山奥の方になると、到着されたばかりの方々は、地理がわからないことから、いったいどこに連れて行かれるんだろう・・・的な疑心暗鬼になってしまい、言葉も通じず、ボディータッチなどをされて、恐くなって車から飛び降りてしまい、到着初日に大怪我をした日本人女性もいます。

設立当初は、インターネットも普及されてなく、日本のエージェントは、現地の語学学校の手配と同時に、学校が手配する下請け会社に空港の出迎えやホームステイの手配などを依頼していました。

これは現在もこのような手配をしているエージェントがほとんどです。

現地でトラブルに遭遇している方々の実際の内容を聞いてみたりすると、手配内容は学校4週間、ホームステイ4週間、空港出迎えと簡単なオリエンテーションで、航空券や保険も含めて、100万円くらい払って来ていました。

現地でビジネスをしていた我々も、その内容に対する金額があまりにも高額だったのでビックリしてしまい、悪徳業者に気をつけることと同時に、実際当地でかかる費用は、そんな高額ではないということを、日本へメッセージを送ってあげようという根本的なビジネスポリシーがあります。

夢を持って来る方々に対して、日本で無駄な出費をしなくても済む方法を様々にご案内しながら、直接我々が空港に出迎えて、オリエンテーションを行い、現地オフィスにて生活クラシファイド情報の無料提供など、その時の正確な情報を提供して行こうという主旨の基、現在にいたっています。

当社の存在PR自体まだまだ不足の域ではおりますが、やはり、日本人としての性としては、有名な会社、知名度のある会社、広告がたくさん出ている会社を選ばれて来られるので、このような現地でのトラブルは現在でも後を絶ちません。

しっかりと確実な情報を収集されて、高額な商品にだまされる事なく、また無料サポートと言う内容が伴わない言葉に惑わされる事なく、自分自身でしっかりとエージェントを見極めていただけたらと願うばかりです。

ジョイネットのビジネスポリシーは、常に正確な情報を提供し、適正なプライスをご案内し、無駄な出費をなくし、大切なお金は有意義に現地で生活を送ってもらうために使用する事を目的としています。

私たちジョイネットの自信は、帰国してからもたくさんの方々が、イベントに参加してくれたり、オフィスに遊びに来てくれたり、これから渡航を考えている方々へ口コミで紹介してくれたりしてくれている事です。

ジョイネットの利用者がいる限り、彼らを裏切ることなく、たくさんの新しい人脈を作り上げていける事が、私たちのプライドでもありポリシーと同時に、ビジネス上のバロメーターでもあります。

株式会社ゴーフォーイット 代表取締役 坂本光祥 印