ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > オーストラリアの国・都市・イベント概要情報 > オーストラリアの都市情報〜ゴールドコースト概要

オーストラリアのワーキングホリデー概要 Q&A

オーストラリアのワーキングホリデーについて

よくあるご質問にお答えします。

QA6都市情報〜ゴールドコースト概要

日本との時差

+1時間

電話コード

国=61  エリア=07  国際認識=0011

在ブリスベン日本国総領事館 (Consulate-General of Japan)

TEL: 07-3221-5188

FAX: 07-3229-0878

住所: 17th Floor, Comalco Place, 12 Creek Street, Brisbane, Queensland, 4000, Australia

受付時間(領事部): 月〜金曜 09:00〜12:30/14:00〜16:00

開館時間: 月〜金曜 09:00〜12:30/14:00〜17:00

休館日: 土〜日曜、オーストラリアの祝祭日と一部の日本の祝祭日

ホームページURL http://www.brisbane.au.emb-japan.go.jp/ (PCのみ)

※ゴールドコーストには総領事館がないため、ブリスベンの総領事館が窓口となる。

都市別トラブル事例

クイーンズランド州における主な日本人被害事例等は次の通りです。

在ブリスベン総領事館に届け出のあった被害事件で最も件数が多かったのは窃盗事件の被害でしたが、これらの被害の大半は、車上荒らし、置き引きなどの屋外盗でした。

また、発生地域別では、ゴールドコーストでの発生が60%以上で最も多く、次にブリスベン、ケアンズの順となっています。

ゴールドコースト及びその周辺では、日本人女性を狙った強姦事件が発生しています。

特に食事等に誘った上で飲み物に薬物(睡眠薬又は麻薬)を混入し、被害者の意識が朦朧となったところを強姦する悪質な事件が発生しており、十分な注意が必要です。

〔クイーンズランド州での遊泳に際しての注意〕

* 州南部の海岸は、風が強く波が高い場所が多く、波が比較的穏やかな場所や入り江などでも、潮流が早い場所や、急に深くなる所が多いため、思わぬ所で事故が発生しています。

また、これまでの事故でも、特に泳ぎの達者な入が多く犠牲者となっており、たとえ泳ぎに自信があっても過信は禁物です。

* 州中央部から北部の海岸では、ボックス・ジェリーフィッシュと呼ばれる猛毒を持つクラゲが生息しており、刺された場合、その毒性により大人でもショック死する場合があります。

通常の海岸では、このクラゲが発生した場合に看板などで注意報が出されます。

海岸を選ぶ際には、地元の人たちが泳いでいないような海岸で遊泳しない方が無難です。

* ストーンフィッシュ、ブルーリングド・オクトパス、コウン・シエルなどの毒を持った魚介類が生息しています。

ダイビングやシュノーケリングなどで海に入る際には、インストラクターや現地の海の事情をよく知った人から、事前の情報を十分入手してください。また、海中でむやみに生物に触れないようにしてください。

* 鮫の来襲を知らせるシャークベルが鳴ったときは、直ちに海岸に上がってください。

タ方、監視員がいなくなった後や、波の静かな時、曇天の時などには、特に鮫に対する注意が必要です。

ケアンズ沖合、ゴールドコースト、サンシャインコーストなどで、鮫による被害が発生しています。

緊急時の連絡先

* 緊急(警察・救急・火災): TEL 000 (国内共通)

* クイーンズランド州警察: TEL 1800-333-000、(07)3364-6464

* 在ブリスベン日本国総領事館: TEL (61-7)3221-5188

* 在ケアンズ出張駐在官事務所: TEL (61-7)4051-5177

・・・・・・・・・・一覧へ戻る・・・・・・・・・・