ホーム > カナダのワーキングホリデー > カナダの国・都市・イベントの概要情報 > バンクーバーの概要

カナダ バンクーバーの概要

カナダのバンクーバー(Vancovuer)について

バンクーバーの概要

人口:約230万人

バンクーバーはカナダ3番目の大都市。

「世界で最も住みやすい街」ランキングの常連シティのひとつです。海や山の自然と都市が見事に共存する西海岸の街バンクーバー。気候は年間を通して温暖で、雪はほとんど降りません。ガラス張りの高層ビルが立ち並ぶダウンタウンに、企業や学校、ショッピングセンターや博物館、スタジアム、図書館などが集結しています。市民の憩いの場でもある巨大公園スタンレーパーク、カナダ国内第2の規模を誇るメトロタウン・ショッピングセンター、市バスで気軽に行けるグラウス・マウンテンのスキー場なども楽しめます。

バンクーバーのオススメ

キャピラノ吊橋:バンクーバーを代表する観光地のひとつ、486mものスチール・ワイヤーを16本の杭で固定し、その高さはなんとビル30階建てにもなる。クリフウォークと呼ばれる遊歩道を歩けば、もうそれは「空中散歩」です。

グラウスマウンテン:ダウンタウンからバラード入り江を挟んだ対岸のノースバンクーバー。その中でも特に人気の山がグラウスマウンテン、公共の交通機関とゴンドラで上ることのでき、人気のアトラクションや絶景を求めて常に賑わっています。

スタンレーパーク:バンクーバー市民に愛される憩いの場所、それが「スタンレーパーク」ダウンタウンの西に位置し、北米の都市公園ではトップ10の大きさを誇る。針葉樹林が生い茂る公園内には年間約800万人もの人々が訪れる。

グランヴィルアイランド:ダウンタウン側からはフォールスクリークを挟んで対岸にある、小さな出島のようなのがグランビルアイランド。劇場・ホテル・ギャラリー・ショップ・レストランなど100店舗以上の商業施設が集まり、その中でも有名なパブリックマーケットは、フルーツ・野菜からシーフードなど、様々な食材が山のように並び、見て歩いているだけでも楽しくなります。

トーテム・ポール・パーク:スタンレーパーク内のトーテムポール広場に位置し、1度見たら忘れないであろう特徴的な8本のトーテムポールがあります。先住民族ハイダ族をはじめとする7つの部族が作ったもので、シャチ・熊やカエルといったそれぞれの部族を象徴する動物や仮面などが彫りこまれています。

バンクーバー水族館:こちらもスタンレーパーク内に位置し、2014年には拡張工事を終えより注目と人気の場所となった「バンクーバー水族館」。カナダでは最大の水族館で大水槽にはベルーガと呼ばれるシロクジラも飼育されています。生態を学んだり、動物や魚との触れ合いも企画されているプログラムがあり、バンクーバーで1番人気の観光地と言っても過言ではありません。

蒸気時計:バンクーバー発祥の地とされるガスタウン。このガスタウンのシンボルと言える「蒸気時計」、開拓時代の名残を多く残しているこの街の中でも時の流れをしみじみと感じさせてくれる「蒸気時計」はバンクーバーの人々の親のような存在になっています。

・・・・・・・・・・一覧へ戻る・・・・・・・・・・