ホーム > ニュージーランドのワーキングホリデー > ニュージーランドの国・都市・イベントの概要情報 > ニュージーランドの国の概要

ニュージーランド 国・都市・イベントの概要

世界で最も人口密度の低い国ニュージーランド

ニュージーランドの国の概要

  首都:ウェリントン
  面積:約27万Ku(日本の約3/4の面積)
  人口:約400万人
  公用語:英語、マオリ語

のんびりとリラックスして生活するには最高の環境です。季節ごとの大きな変化は少なく、一年を通じて休暇を過ごす地としては理想的な温暖な気候に恵まれています。

広大な山脈、蒸気の上がる火山、どこまでも続く海岸線、美しい白砂のビーチ、内陸深くまで入り込むフィヨルドや緑深い原生林の美しい森や、ニュージーランド独特の動植物が多く、アウトドアスポーツやアクティビティなど様々に楽しめます。

ニュージーランドのバラエティに富む景勝地や大自然、エコシステムが密接した関係であることもこの国の特徴です。

先住民マオリの文化は、言語、芸術だけでなく、ニュージーランド人のアクセントにも影響を与えています。

ニュージーランド国名の由来

ラテン語で "Nova Zeelandia"(「新しい海の土地」という意味。英語の "New Sealand" にあたる。)と名付け、後にはオランダ語で "Nieuw Zeeland" と呼ばれた。タスマンが訪れてから100年以上後、ジェームズ・クックがエンデバーで1769-1770年に訪れた時に、英語で "New Zealand" と呼んだ。クックが "Zeeland" を "Sea land" と直訳しなかったのは、オランダ語の発音の名残と、デンマークのシェラン島("Zealand"。コペンハーゲンがある島)にもちなんだためといわれる。

ニュージーランドの国旗

ニュージーランドの国旗は、17世紀半ばにオランダ人タスマンが渡来して以来、イギリス人ほかヨーロッパ人の入植が始まり1907年にイギリスの自治領になった。この時制定された国旗は、左の小さなイギリス国旗が連邦の一員であることを、右の4つの星は南十字星を表す。

・・・・・・・・・・一覧へ戻る・・・・・・・・・・