ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > 有給ホテルインターンシップ体験談! > Vol.1 Y・Mさん

給料をもらいながらホテルで働く経験
有給インターンシップ体験者の声

ワーキングホリデーでこんな経験してます!参加者の声を一挙ご紹介!

Vol.1 Y・Mさんの有給ホテルインターンシップ体験!

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

Y・Mさんの有給ホテルインターンシップ体験!

僕がオーストラリアに来たいと思ったのは、一言で言えばフィーリングです。直感で今行かなければ絶対後悔する・・・そう思って飛んできました。大学生の頃から言ってみたいと思った時はありました。ですが一度断念しました。ワーホリは29、30歳がボーダーラインの所が多かったので、まあもう少しあとでも大丈夫だろうと。。そんな風に考えていたらあっという間に5年の月日が経っていました。

社会人も経験してこのままずっとこうして暮らして生きていくのかなあ〜と思った時、ふとまたワーホリのサイトが目にとまりました。気になって気になって仕方なくなってついにはその日中にエージェントに電話していました。その後はもう勢い!!

オーストラリアに来るにあたって今僕はシドニーのホテルで働いています。なぜホテルを選んだかって言われてしまうと、これもまたフィーリングで。ただ今までやったことないような仕事をしてみたかった。自分は怠け者なのでもしシドニーで語学学校だけにしてしまったら、きっと卒業した後は何もしていない・・・。

ひたすら遊ぶだけ・・・バイトも日本語環境にいるだろう・・そう思ったからです。 遊びまくるのも正直いいなって思っていました。ワーキングホリデーだし。けどそれをしてしまうと日本でのフリーターやってた頃と変わらないような気がして・・。何か一つくらいは大きな目標が欲しかった。

まずせっかく外国なんだから英語をしゃべれるようになりたい。そしたら働く所は英語環境が最適。そこでホテルプランが目にとまりました。日本ではホテルで仕事をするというのはすごく難しいと聞いていました。なかなか働きたくてもできるものではないと・・。英語の勉強+いい経験になると思いました。

実際今働いて研修期間も入れると2ヶ月以上、もうここで働いています。僕のしている仕事は正直言ってしまうと英語があまりできなくてもできてしまうような仕事です。バッフェ(バイキング)の補充だったり、お客さんのお皿を下げたり・・。

今の僕のできるポジションはこれだけ。単純作業といってもいいかもしれません。ですが僕は今楽しいです。自分の伝えたいことがまだ英語でうまく話せないので、コミュニケーションはほとんどジェスチャー!あとは気合いで何とかしています。持ち前の働きっぷりで必死に喰らいついてっています。

オーストラリアに来てもうすぐ5ヶ月ですが、英語は正直スタッフの指示も聞き取れるか、聞き取れないかのレベルです。環境もすごく恵まれていてコミュニケーションもろくに取れない自分をボスは同じように使ってくれています。すごくありがたいことだと思いました。

正直いつクビになるんじゃないかとか、時間がドンドン減らされていったらどうしようとか、今のポジションが取られたらどうしようとか、英語が全然わからないから不安に思うことはたくさんあります。英語の話せない日本人よりも、英語の話せる豪州人の方が雇う方としてはいいにきまってます。

だから僕はせめて動きだけは誰にも負けないぞ!自分のできることだけは精一杯やるぞ!!日本人の勤勉さみせてやる!!!とそんな気持ちで今も頑張っています。「ゆうすけ〜ナイス!!」とか「グッジョブ!、君は仕事が早い」とか初めて褒められた時は泣きそうになりました。英語が通じなくても、心が通じた・・・そんな気がしました☆

ホテルの後どうするかどうかはまだ決めていません。他の仕事をするのもいいし、ファームに行くのもいいかもしれません。ここオーストラリアには無限の可能性が広がっています。自分次第でいくらでも夢をつかめるし、叶えられる。

日本に帰る時に心から笑って帰りたい、陰で支えてくれるみんなに自信を持ってありがとうと言えるようになりたい。そうなれるように頑張っていきたいと思います。

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

オーストラリア ニュージーランド カナダのワーキングホリデー 資料請求