ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > 有給ホテルインターンシップ体験談! > Vol.10 S・Tさん

給料をもらいながらホテルで働く経験
有給インターンシップ体験者の声

ワーキングホリデーでこんな経験してます!参加者の声を一挙ご紹介!

Vol.10 S・Tさんの有給ホテルインターンシップ体験!

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

S・Tさんの有給ホテルインターンシップ体験!

Hotel internshipを終えて・・・

私は、10代の頃からHotelに就職したいという希望と留学したいという希望がありました。

短大を卒業し別の道に進んだ為なかなか希望を叶えることが出来ず歳だけとってしまい改めて20代を振り返ってみたとき 一生後悔すると思いいろいろ調べ始めました。そして見つけたWorkingholiday Hotel Internship。

両親を説得しいざAustraliaへ!

まず10週間学校に通い英語を勉強。

耳がなかなか慣れないためさっぱりわかりませんでした。この状態でお金をもらって働くことなんてできる訳がない・・・と不安でいっぱいでした。もう少し学校に通って英語力をupさせてからInterviewを受けたいと思ったりもしました。卒業の前にHotelが決定している友達もいて更に不安倍増。

ようやく私にもInterviewの知らせが来て、場所はCairns。

東海岸沿いは難しいと言われていたにもかかわらず希望として東海岸をだしていた私は受かってもいないのに安心し、Hotelはまだわからないからまた後でと言われとりあえず大好きな海のある場所に行けるかもしれないから頑張ろう!と時間が過ぎるのを待っていました。

‘Hotelがね〜Hilton!’と軽く言ったやえさん。

私は目と口が空きっぱなしになるくらい驚いた。そしてHiltonは難しいと言われながら、駄目もとで受けたInterview。

あまり緊張をしない私も、英語で、しかも電話でのInterviewともなれば頭痛。もちろん出来は最悪・・・。さっぱりわからなかった。最初に私の名前が違っていて思わず私は笑ってしまった。

私は自分の名前を言い直し私の名前は他国の人には言いづらい・・・と話しまたお互いに笑った。

それで和んだ気が・・・。

InterviewはHotelにはどんな仕事があるか、またなぜCairnsがいいのか、など聞かれました。

最初からうまくできないと思って受けるInterviewだった為、事前に自分が伝えたいことを(性格やキャラクター)簡潔にまとめ最後に‘私は英語がまだ全然できないので、自己PRしたい’と言って時間を頂いた。

そしてHotelからYESの返事を頂き慌しく出発。

今まで聞いたことのない単語や人それぞれ異なった口調、さっぱりわかりませんでした。しかし私はもともといつも笑顔でいるタイプの人間なので慣れるのにはそんなに時間はかかりませんでした。

周りの人に可愛がっていただき、仕事は大変でしたが楽しく仕事をさせていただき、そして、仕事をするまでの過程、仕事を始めてからの大変さを経験しなによりも自分が大きくなったことを実感しています。

ジョイネットの有給のインターンシップに参加させていただいて、本当に良かったです。ありがとうございました。

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

オーストラリア ニュージーランド カナダのワーキングホリデー 資料請求