ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > 有給ホテルインターンシップ体験談! > Vol.9 M・Mさん

給料をもらいながらホテルで働く経験
有給インターンシップ体験者の声

ワーキングホリデーでこんな経験してます!参加者の声を一挙ご紹介!

Vol.9 M・Mさんの有給ホテルインターンシップ体験!

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

M・Mさんの有給ホテルインターンシップ体験!

シドニーで2か月半語学学校に通ったあと、ホテルでのハウスキーピングの仕事が決まりました!語学学校に通っていたとはいえ、英語には自信がなく(特にスピーキング)、対面でのインタビューもドキドキで頭が真っ白で、採用されるかどうか心配でした。採用決定の電話をいただいたのは数時間後・・・決まったホテルはHamilton Islandの Reef View Hotel。

HamiltonはOZに聞くと、皆とてもきれいな場所でオーストラリアの中でも高級リゾートだと教えてくれるし、日本人観光者も多く有名な島だったので、私は非常にラッキーだと思いました!

島に着き、アコモデーションに到着すると、シェアメイトは日本人!日本人の観光客が多いので、スタッフにも日本人がたくさんいます。部屋にはコンロはありませんが、電子レンジや冷蔵庫・水道・TVなどの設備があります。

この島では基本的に食事は提供されないので自炊になるため、皆エレクトロニックフライパンを手に入れて料理したりしていました。ただ食材が島で買うと高いので、月に一度くらいMain Landにフェリーで買出しに行く人がほとんどでした。シャワーやトイレは同じブロックに住む人たちと共同です。私の部屋はシェアルームでしたが、オウンルームやファミリー向けなど、いろいろなルームタイプがあります。年齢や職業などでルームタイプもかわってくるようです。

仕事をはじめる前に約3日間オリエンテーションがあるのですが、そこでいきなり壁にぶつかりました。私と同じ日に仕事をスタートする人たちが皆ネイティブばかりでスピーキングが速く、そんななかグループワークで自分の意見を発言したり、相手の意見を理解することが難しかったです。しかし、実際ホテルのハウスキーピングは、OZ.NZ.ENGLISHなどのネイティブスピーカーが半分、JAPANESE.KOREAN.CHINESEなどのアジアンが半分という感じでした。

仕事はペアで行われ毎日相手が変わりますが、アジアンはアジアンと、ネイティブはネイティブとペアを組むことが多かったように思います。もし日本人とペアになってもお客様とは英語で話さなければならないので、英語力も必要です。もちろんネイティブとペアになることもあり、英語を教えてもらいながら仕事をすることもありました!

ハウスキーピングの仕事は、体力勝負で最初は腰が痛くなったりもしました(泣)Reef View Hotelは島内で客室も一番多く忙しいホテルだったため、大変でしたが、慣れるにつれ充実していき仕事も楽しくなりました。またちょうど、ニュースや日本でも取り上げられていた「Home of the Best Job in the world」が行われ、各国のメディアや日本の芸能人の方の部屋のサービスもしました。あるメディアの方たちの部屋のサービスをしていたら、私たちの仕事風景を撮影してくれ、それが実際ニュースで流れたので、驚きとともにいい思い出になりました。

休日は、島のビーチやプールでのんびりしたり、ツアーでWHITE HEAVEN BEACHや HEART REEF.REEFWORLDに行ったり、朝日を見に山を登ったり、サルサダンスのレッスンに行ったり・・・何もない島だけど自然だけはたくさんあるし、友達もいっぱいできたので楽しく過ごすことができました(^-^)b

貯金は・・・時給が高く、週38時間は最低でも働くことができたので、シティで働くよりもがっつり稼ぐことができたと思います!また希望すればマルチハイヤーをすることもできるので、仕事はたくさんある島だと思います。

島での生活は、仕事もオフも充実しており3ヶ月があっという間に過ぎていきました!シティにいたときよりもネイティブと話す機会も増え、英語力もあがったように思います。一生に一度しかできないような経験ができて、インターンにチャレンジして本当によかったです!!

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

オーストラリア ニュージーランド カナダのワーキングホリデー 資料請求