ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > 幼稚園ボランティア体験談! > Vol.11 S・Gさん

無料のワーキングホリデーモニター
幼稚園ボランティア体験者の声

ワーキングホリデーでこんな経験してます!参加者の声を一挙ご紹介!

Vol.11 S・Gさんの幼稚園ボランティア体験談!

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

S・Gさんの幼稚園ボランティア体験談!

まず、この機会を与えてくれたジョイネットさん、本当にありがとうございました。本当にいい経験をしたと心から言えます。

最初、シドニーの語学学校に3ヶ月通った後、1ヶ月間幼稚園のボランティアをしました。学校が終わる2週間前に「スタートの前に面接があるから、一度に幼稚園に行きますよ!」と言われました。

「えっ!ボランティアなのに面接!?」私は不安と緊張の中、幼稚園に行き園長先生から何個か質問をされ、必死で答えて事なきを得ました。ホッ・・・。

家から幼稚園までは45分くらい、毎日空港を通って通っていました。だから、ボランティアの初日は不安で一杯でこのまま飛行機に乗ってどこか行ってしまいたい。と本気で思いながら、空港を通り過ぎて私のボランティア生活が始りました。

私が担当したクラスは3〜4才児のすごくやんちゃな子供達で言葉は普通にしゃべれます。(私の英語力なんて1才児にも満たないんだろうなと感じました。)

やっぱり言葉の壁は大きい。特に子供達の言葉は聞き取りにくくて・・・。一生懸命聞けば聞くほど混乱して心の中では何度「たすけてー」って叫んだ事か・・・。そしてさらに問題が1つ名前が覚えられなーい!!!ロッカーに貼ってある名前を見たり、何回も名前を聞いたりして、ちょっと怒りぎみの子もいました。

やっぱり子共達と遊ぶのは楽しい。最初おもちゃの取り合いをしてる子や、ブランコを割り込みして来た子に、なんて注意をしていいか分からずとりあえず「STOP」「WAIT」と言って止めさせようとすると、その後に子共が「だって○○ちゃんが・・・で〜」とか言い返されて、その時は私も何て言っていいか分からなくなり、先生に助けを求めてました。先生が子ども達に何て言って注意しているのかを聞いて、私も真似をして言うようになりました。

3日経ってようやく慣れてきて、このまま過ぎてくれれば・・・。と思っていたら、園長先生のポーラから「来週の3月3日は日本では雛祭りという行事があるのよね?」と言われ私は雛人形と歌がある事を教えました。そしたらポーラに何かの形でそれを子共達に教えて欲しいと言われたので、雛人形は画用紙を折って作らして、絵の具で色をつけて壁に貼り付け、歌はなんと私がソロで歌って聞かせました。(緊張したー!)でも、日本の行事を先生が知っていた事、子ども達が人形作りや歌の時嬉しそうに取り組んでいた事が、私にはとても嬉しかったです。

幼稚園の1日のスケジュールは、遊ぶ→morning tea→遊ぶ→lunch→sleeping time or 遊ぶ→afternoon tea→遊ぶで、ランチとafternoon teaの前は部屋の中で先生が子ども達に絵本を読んであげます。

わたしはhearingの練習と思って子ども達と一緒に聞いていました。そしたらある日、先生から絵本を渡され「あなたも子ども達に絵本を読んであげて!きっと良い勉強になるし、子ども達が発音とか教えてくれるから」と言われ「はい!練習してきます!」と言ったものの、心の中では「無理だよー!」と叫んでいました。

まず、シェアメイトに単語や擬音語の発音を教えてもらって練習しました。シェアメイトは私のぎこちない英語の擬音に笑っていました。語を暗記できるくらい何回も何回も読んで練習しました。そして本番私は緊張で手が震えてたけど、あれだけ練習したのでほんの少しは余裕があって子供達の様子を見ながら読みました。一瞬、先生になった気分でした。子ども達もいつもより静かに真剣に聞いてくれていた事がすごく嬉しかったです。

2週間過ぎると私も子供の名前を覚え子供達もまた、私の事を名前で呼んでくれるようになりました。

言葉が聞き取れるようになってきて、子どものしゃべり方や言葉の言いまわしが勉強になる事を改めて感心しました。先生が子供に注意する時も「Don't〜」ではなく「DO NOT〜」と単語を1つ1つ強調して言ってるのを見て、こう言えば子供達も言うことを聞くんだなぁと思いました。

ランチの時、立って食べてる子に「sit down」と普通に言ったら聞いてくれず「SIT DOWN」と先生が言うように言ってみたらちゃんと椅子に座ってくれました。子供と接している時は、誉める事ももちろんあるけど注意する事の方があきらかに多かった。だからこの言葉の言いまわしはとても役立ちました。外の遊び場で遊ぶ時毎日同じ子が私の所に来て遊ぼうと言いに来ます。砂場、滑り台その日によって遊び場は違うけれど、ちょっと目を離してる間におもちゃの取り合い、順番の取り合いがすぐに始ります。

注意出来るようになってからは、こんなハプニングも自分で解決!だんだん余裕もできて周りが見えるようになったなと思ったらあと1週間で終わり・・。子供達に何かプレゼントをしようと思い、私は女の子には雛祭りのお雛様、男の子には子供の日のかぶとと鯉のぼりを折り紙で作って、台紙に貼り裏に説明書きをした物を作りました。今週で最後だからクラス全員と遊ばなきゃと張りきっていたら、あっという間に終わりの日がきてしまって。

私はプレゼントを渡してみんなにお別れの言葉を言いました。そしたら先生が「子供達は12月で卒業するから、その前にもう1度遊びに来てね」と言われ、絶対来ますと言って幼稚園のボランティアを終えました。

言葉、子供、先生の大きな壁に最初は無理だー!と思って早く終わればいいのにと言っていた時もあったけど、1ヶ月他の幼稚園だったら、やらせてもらえないような経験ができた事をポーラやクラスの先生にとても感謝しています。ポーラは毎日私に楽しんでる?と声をかけてくれて、いつも気にしてくれました。私がもっと英語を話せれば、日本の事をたくさん話してあげれたのに。自分の語学力のなさに悔しい思いをしました。

ボランティアをして、今まで以上に英語を頑張ろうという気持ちになったし、日本の文化を勉強しなきゃとも思いました。言葉では言い表せないけど、たくさん得るものがありました。自分が一回り大きくなった気がします。残りのワーホリ生活もっともっといろんな事に兆戦しようという気持ちが涌き出てきました。

貴重な経験をさせてもらって、本当にありがとうございました。

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む