ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > 幼稚園ボランティア体験談! > Vol.13 K・Sさん

無料のワーキングホリデーモニター
幼稚園ボランティア体験者の声

ワーキングホリデーでこんな経験してます!参加者の声を一挙ご紹介!

Vol.13 K・Sさんの幼稚園ボランティア体験談!

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

K・Sさんの幼稚園ボランティア体験談!

2007年8月27日〜9月21日までの1ヵ月間、Artarmon Children's Cenyreでボランティアをさせてもらっています。 JOINETに今住んでいるシェア先から近い所にしてもらったおかげで、歩いて通っています。 このPreschoolは、30人程の子供達と先生が5名、何人かのスタッフがいる小さいところです。 3・4歳児が過ごす“Star room”と4・5・6歳児が過ごす“Rainbow room”に部屋が分かれていて、私は“Star room”に入れてもらいました。

そこは10人程の子供達がいて、中には日本人の女の子もいます。 お互いに英語力があまり無かった為、日本語で話していると、先生に英語を使うようにといわれました。 その他にもヨーロッパ・インド・中国など色々な国の子が集まっていて、どの子もとてもかわいいです。私は日本の幼稚園で働いてたので、その経験から子供の扱いには慣れているつもりでした。

けれども、ボランティア参加初日のことです。

私は1人の子を自分の膝に座らせて、絵本の読み聞かせを一緒にしていました。 ところが、ふと自分の膝に生暖かいものを感じ、慌てて子供を膝から下ろしましたが、時既に遅く私のズボンにおしっこの染みが・・・。やられた・・・。その時着替えの予備は必需品だと痛感しました。ここのPreschoolは家庭的で先生達も優しく、日本で経験してきた保育とは違う新しい発見がいくつもありました。

天気の良い日には大きな木々の下で、みんなが集まって手遊びや歌を歌ったり、絵本を見て、時にはLunchを食べたこともありました。 このあいだは、金づちで木に刺さっている釘を打って遊んでいました。日本だったら子供に金づちを使わせるなんて危ない!!とでも言いかねませんが、小さい子でも思ったより上手に釘を打つ姿に驚きました。また、筆を使って木の家に水でペイントごっこをしたこともあり、ちょっとした発想の転換でこんなにも楽しく遊べることを知りました。

自分の言いたいことが上手く言えず歯痒い思いをする事もありますが、日本では出来ない経験ができ、このボランティアに参加して本当に良かったと思います。あと残りわずかの日々を大切に頑張ります!!

最後に、この素晴らしい機会を与えてくださったJOINETさんありがとうございました!!

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む