ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > 幼稚園ボランティア体験談! > Vol.14 S・Mさん

無料のワーキングホリデーモニター
幼稚園ボランティア体験者の声

ワーキングホリデーでこんな経験してます!参加者の声を一挙ご紹介!

Vol.14 S・Mさんの幼稚園ボランティア体験談!

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

S・Mさんの幼稚園ボランティア体験談!

私はMaroubraにあるMontessori Preschoolでボランティアをさせてもらっています。

私は日本で幼稚園で働いていました。オーストラリアにワーホリで来たのは、こっちの幼稚園を見てみたいというのが大きな目的の1つでした。すごく運が良く、ホームステイ先がこのPreschoolの園長のSusanの家でこのPreschoolのすぐ隣でした。Susanにはホームステイが終わった今も毎週ディナーに誘ってもらったり、遊びに連れてってもらったりと本当に本当に良くしてもらって、私は本当に運が良いなぁ〜と改めて思っています。

このPreschoolは名前もあるようにモンテッソーリの考え方に基いて成り立っていて、クラスルームには本当にたくさんの“すごいな〜”と思う教具が揃っています。子供は3歳〜6歳の混合で全員で25人ぐらいで、先生が3〜4人という感じです。 日本の幼稚園しか知らない私にとっては、毎日が驚きの連続です。

一番驚いたのは基本的に先生は子供と遊ばないところです。自由に遊ぶ時間には先生達はコーヒーを飲んだり、おやつを食べたり、時々雑誌を見たりとずっと座っています。日本の幼稚園で「常に子供から目を離さず、常に細心の注意を払う」と教えられてきて、保育中に座るなんて考えられなかった私にとっては、ある意味衝撃!!でした。子供達は自分で遊びを見つけて、それぞれ遊んでいます。服装もブーツ、アクセサリー…。と子供も先生も様々です。

午後には自分で持ってきたおやつや果物などを好きなときにカバンから出して食べています。 いたるところで日本の幼稚園とは違う「自由」があります。それらはきっといい意味で個人を尊重しているのだと思います。日本のように「前に習え」という考え方はないのだと思いました。

Susanは、子供にも大人にもストレスは必要ないのだと言っていました。子供に無理にさせることはないし、先生も仕事に追われたり家に持ち帰る仕事なんてない…。みんないつも「Happy」だと…。

毎日、やる仕事が山のようにあって、常にピリピリ気を張っていた日本の幼稚園とは大違いです。正直“いいなぁ〜…”と思いました。 今まで、自分の中で当たり前だと思っていたことなどが全然ここでは違ったりと、いろいろな事を新鮮に見えるようになりました。

どちらがいいとか正解とかは私にはきっと決められないと思いますが、この貴重な時間を1日1日大切に過ごしていきたいと思っています。 それと、子供のかわいさは日本もオーストラリアも同じです。毎日、楽しく過ごす事ができています。

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む