ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > サーフィンモニター体験談! > Vol.12 M・Wさんのサーフィン体験談

無料のワーキングホリデーモニター
サーフィン体験者の声

ワーキングホリデーでこんな経験してます!参加者の声を一挙ご紹介!

Vol.12 M・Wさんのサーフィン体験談

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

御無沙汰してます!とは言っても坂本さんとは5月に会いましたね。その折は色々お世話になりました。

しょっぱな、ホームステイで色々あり出足を挫かれた感じでしたが、今はなんとか楽しい毎日を送っています。

さて、サーフィンモニターの件ですが、岡本タケシ君が日記風で書くと言っていたので、自分は総合の感想と言う形で書かせていただきます。

まず最初にマンリービーチに行った時、とても感動しました。

それと言うのも、自分は神奈川県の藤沢(湘南)出身で、地元の海とは比べ物にならないくらい綺麗だったからです。

それに波もいいのに人が少ない事にもビックリしました。

本題のサーフィンレッスン。最初の印象は良くありませんでした。と言うか最悪でした。

自分は一応6年のサーフィン歴があるのでそれなりに出来るつもりでいました。

でも最初に「この板でやって」と渡された板は2メートルくらいあるし、厚さもかなり分厚い物でした。

いや〜、ストレス溜まりましたね〜。好きな海に入って、しかもいい波を目の前にして、自分がやりたい様に波乗り出来なかった事に。

でも3回目のレッスンの時、かなりの衝撃を受けました。

その日、初めて教えてくれる事になったインストラクターが、うまいのなんのって、自分と同じ様な板を使っているのに、色々な技を見せてくれました。

その時思った事は、自分はまだサーフィンの基本をかじった程度なんだな〜って、それにサーフィンてやっぱり奥が深くて面白いって再確認ができました。

レッスンを重ねて行く内に、そのインストラクター(名前:クリスタル)とも仲良くなり、色々細かい指導をしてもらいましたが、自分は英語が全然ダメです。

言ってる事の半分くらいしか理解できず、悔しい思いをしました。

でもなんとか知ってる単語を並べコミュニケーションは取っていました。

クリスタルもこいつは何が言いたいんだろう?ってま感じでしたけどね(笑)

レッスンも終盤になり、自分の板でサーフィンを教えてくれるか聞いてみました。

そしたら、快くOKをもらい自前の板で指導してもらう事になりました。

今まで溜まっていた物を吐き出すかの様にカットンでいたら、ほめられましたね。

でもそれも英語、なんて言っているかよくわかんなかったけど嬉しかったですね。

とにかく、インストラクターの人達はみんな陽気でフレンドリーしかも波乗り超〜うまい!

本当に楽しい経験をさせていただきました。

最初の印象なんて今じゃ、みじんも残ってないですよ。

きっとこの経験は、自分の今後のサーフィンに多大な影響を与えてくれたと思っています。

P.S.あと、ビックリした事がもう一つ。

本当に板が安い!!場所によっては、新品のしかもメジャーで人気のあるブランドの物が日本の半額!!!

本当にビックリしました。

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む