ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > サーフィンモニター体験談! > Vol.13 K・Oさんのサーフィン体験談

無料のワーキングホリデーモニター
サーフィン体験者の声

ワーキングホリデーでこんな経験してます!参加者の声を一挙ご紹介!

Vol.13 K・Oさんのサーフィン体験談

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

4月9日(水)晴れ

学校が終わり、CityからFerryでManlyに向かった。

今日は昨日の天気予報では雨と言っていたが、もの凄くいい天気だった。

Host Familyに聞くと、こっちの天気予報はよく外れるらしい。

Manly Wharfに着くと、Cityよりも暑かった。

そこから10分程歩くと、Manly Beachに着く。

今、僕が住んでるBondi Beachに比べると1.5倍ぐらいBeachが広い。

Beachに着き、Beach沿いを10分ほど歩くとやっとNorth Styne Surf Clubに着く。

けっこう歩くね。やっと着き、ウェットスーツと板を借りてみんなで準備体操を始めた。

今日は僕以外はみんなオーストラリアの女の子だった。7、8人いたのかな。

でもLesson中は初心者の僕はサーフィンにいっぱいいっぱいだったので殆ど話す事はできなかった。

更に驚いたのが、借りたサーフボードは普通のサーフボードとは違い、固いスポンジで出来たような物だった。

本当に浮力が強いロングボードだった。初心者の自分にはちょうどいい感じだった。

準備体操も終わり、海の中に入り、サーフィンを始めてまず驚いたのが、オーストラリアの海は日本よりもしょっぱくないしとても温かかった。

そして、とてもキレイで透明な海だった。

更に驚いたのがインストラクターのMattは海に入ってる間もずっとキャップをかぶってサーフィンしてたよ。

やっぱ上手い人はなんでもありなんだろうね。今日は天気も良く、2時間のLessonも結構すぐに終わっちゃったって感じだった。

でも帰りのFerryとBusは爆睡でした。サーフィンって本当に疲れるスポーツだと思った。でもとても楽しいのではまりそう。

4月11日(金)くもり

やっちゃいました。二日酔いです。

昨日の夜、Cityで木パブっていうのがあって日本人が結構パブに集って飲んでいる所に行った。

PM9:00からVictoria Bitterというオーストラリアのビールが$2ですよ。

日本円で150円位だよ。浴びる程、飲んじゃいました。まぁ、そんな感じで学校も殆ど寝ちゃって終わり。

いつも通りFerryでManlyに向かうと今日はもの凄く揺れた。ちょっと怖いくらい揺れたよ。更に二日酔いだからもう大変。

やっとBeachに着くと、海も前回よりも荒れていて、波が大きかった。なんか嫌な予感がするよ。

前回のLessonのインストラクターとは今日は違う人だった。

今日は生徒は僕以外に3人いてタイ人2人とスイス人が1人だった。女の子はいませんでした。

前回、僕は8フィートの板を使っていたが、今日は7フィートの板を貸してくれた。だいぶ短くなった。

今日は僕だけ2回目のLessonだったので色々説明もなく、準備体操が終わるとすぐに海に入れてくれた。

っていうか、こんな荒れた海に先に出されても困るんだけどね。

ボードも短くなったせいか、なかなか立てず、がばがば水飲んだよ。もうお腹一杯です。

でも不思議とサーフィン終わった後二日酔いがなくなっていたんだよね。

今日は楽しいと言うよりも、海が怖かったよ。でも、サーフィンは楽しいね。

4月16日(水)雨

今日は寒い。しかもBeachに着くと、突然、大雨が降り出した。

朝はとても天気が良かったのに、オーストラリアは本当に天気が変わりやすいらしい。

海に入る前からずぶ濡れだよ。

今日も前回と同じインストラクターの人だった。

一緒にLessonしたのは2人の男の子だった。

まだ10歳になってない位の子達だった。

お母さんと一緒に来ていてLesson中もお母さんが心配そうに見守っていた。

今日は天気は悪かったが、海の方はほど良い波が立っている感じだった。

だんだん立つ事が出来るようになってきて、すごくサーフィンが楽しくなってきた。

インストラクターの人とも仲良くなってきて、こっちの事とか、サーフボードの事とか、色々教えてくれるようになってきた。

まぁでも何言ってるかわかんないんだけどね。

今日はLessonが終わった後、Beach沿いを歩いていると雨が上がって、海にくっきり虹が出ていた。

こんなにはっきりと虹を見たのは初めてだった。さすがオーストラリアだと思っちゃいましたよ。最高だね。

4月18日(金)雨

最近、まったく天気に恵まれていない。しかも、だんだん寒くなってきた。

晴れればこっちは日差しが強いからそれだけで、だいぶ違うんだけどね。

ちなみに、またやっちゃいました。昨日、家に帰ったのが朝の5時で、今日は祝日なのでLessonは11:30からにしてくれと電話があった。

眠いし、酒臭いし、もう最悪。しかも、それに追い討ちをかけるかの如く、海があれていて、波ももの凄く大きい・・・。

泣きそう。まじ、泣きそう。

今日のインストラクターはいつもの人と違う人だった。

また、この人がキャラの濃い人で、スキンヘッドに麦わら帽子をかぶってサーフィンするんだよね。

サーフィンって帽子かぶってやるのかな、こっちの人は。

まぁ、とにかくLessonが始まると、突然、このインストラクターは「ついて来い」と言って海に入って行った。

本当どこまで行くのっていう感じだった。いつもより突然沖の方まで行くんだもん。

波でかいし。今日のLessonは半分位溺れていたような状態だったよ。

サーフィンした気がしなかった。生きてて良かったよ。

まぁ、それでもいい経験ができたのかな?まぁ、早くこうゆう波にも慣れて、乗れるようになりたいね。

4月23日(水)晴れ

今日は久しぶりにいい天気の中でサーフィンをやった。

今日から同じJOINETの人がモニターで一緒にやる事になった。

初めて言葉が通じる人とサーフィンをする事になったので結構楽しかった。

今日の海は前回と違って波がなさすぎて困るぐらい穏やかな海だった。っていうか、殆ど日光浴だったね。

暇だったからずっとパドルして遊んでいた。生徒の数も今日はもの凄く多かった。10人以上いたね。

今日はオーストラリアの人達とも結構海の上で話した。

それ位、波がなかったんだよね。こういう日もあるんだなぁ〜。

たまに乗る波にも結構立てるようになった。今日はオーストラリアの海を楽しんだ一日だった。

4月30日(水)晴れ

前回の金曜日、Lessonあったらしいが、祝日のため、早く始まってしまっていたので僕が間に合わなかったらしい。

でもLessonを1回、先送りにしてくれた。今日はサーフィン日和だった。

天気もいいし、波もほど良くあって、インストラクターの人もとても仲の良い人だったので、本当に楽しかった。

しかも、今日は日本人だけのLessonだった。今日から新しくモニターで来た人がいた。

その人はサーフィンを6年もやっているのでとても上手いし、色々教えてくれた。

今日はLessonが終わった後、違うインストラクターの人がビールをくれた。

何か今日でこのSurf Clubを辞めるような事を言っていた。しかも、ここのインストラクターの人達みんなプロサーファーかもしんない。

そんな感じの話ししてたんだよね。やたら上手いし。その人はもっと北の方に行くって言ってた。

Manlyがだんだん寒くなってきたから温かい所に行きたいんだね。

その後、さらに皆でBottle Shopに行って、ビールを買って飲んだ。

サーフィン終わった後のビールはもう本当に最高!!

5月2日(金)晴れ

最近ずーっと天気に恵まれたサーフィンをしている。

Host Familyが言うには、毎年Easterの後は天気がとても良くなるらしい。

Lessonの方は、今日はクリスタルというインストラクターの人だった。

本当、男前な奴だよ。しかも、すごい若そうだし。プロっぽいしかっこいいしね。

Lessonで使っているスポンジみたいなボードで本当に楽しそうに波に乗っているから驚いちゃうよね。

ほんとうに上手い人には板とかそんなに関係ないんだろうね。

それはさておき、僕もあと1回しかLessonがないので、そろそろ自分のボードとウェットスーツ買わなくちゃ。

どうやらサーフィンにはまってしまいそうです。新しい家もManlyに見つけるつもりだし。

Manly気にいっちゃいました。そしたら毎日サーフィンできるね。

5月7日(水)晴れ

今日はついに最後のLessonになっちゃいました。

仲が良いインストラクターも何人かできたので結構淋しい感じもする。

でも、いつでも遊びに来いよ。と言ってくれているので、本当に遊びに行くことになりそうだね。

だって、来週の月曜日からManlyに住む事になっちゃいました。しかも、マイボードとマイウェア、買っちゃいました。

Beachまで歩いて5分位で着く所に住む事になった。本当に毎日遊びに来れちゃうよ。

今日のLessonは、晴れてはいたが、結構、海は荒れていて、波も少し大きかった。

でも、だんだん慣れて来たせいか、沖の方にも出れるようになったし、結構、立てるようにもなってきた。

少しは上手くなってきたんだろうか。まぁ、これからは毎日サーフィンできるし、本当に楽しくなりそうだ。

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む