ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > サーフィンモニター体験談! > Vol.8 H・Kさんのサーフィン体験談

無料のワーキングホリデーモニター
サーフィン体験者の声

ワーキングホリデーでこんな経験してます!参加者の声を一挙ご紹介!

Vol.8 H・Kさんのサーフィン体験談

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

H・Kさんのサーフィン体験談!

何かを求めてオーストラリアに来ました。

今ここにいる人も、これから来る人も同じ気持ちはあると思います。

英語はもちろん、新しい環境や新しい自分、理由は様々と思いますが。

私の場合シドニーに来て2ヶ月経ってもまだ慣れる事が出来ずに色々な意味で葛藤していました。

日本にいる時以上に周りや自分を見つめ直す時間が多く良い意味でも、悪い意味でも。

そんな中で正直心から楽しめていませんでした。

そんな自分を変えてくれたのがサーフィンモニター、サーフィンでした。

もちろん初体験、しかも英語のレッスンで初めはかなり、いっぱいいっぱいでした。

コーチが言っている事も「ジャンプアップ!」とか「パドリングー!」とか単語しか聞き取れず8割フィーリングで。

説明も海の事や波の事、波の色が変わっている部分はどうとか、風の向きがどうとか「たぶんこれって大事な事なんだろうな・・・」と思いつつ。

もっと英語がわかればなぁと。

でもやはりオージー。波に乗れた時はありえないくらい誉めてくれるし、明るさもはんぱなくいつも元気をもらいました。

ボードは分厚く浮き易く初心者用、そのおかげで初回で立つことができ、その気持ち良さにはまってしまいました。

でもその変わり本気でヤバイ、これは大丈夫なのか?無事に生きて水面へ上がれるのか?という時も何度もありました。

耳、口、鼻、目、顔中の穴という穴から海水が入って頭の中が塩だらけになっちゃうんじゃないかと思う時もしばしば。

さらに今は6月。期待に反して終わった後のシャワーは水。

これは修行並に厳しくもありました。

でも波に乗れた時の快感を覚えてしまったら、そんな事は気にしてる場合じゃなく。

海から上がった時の一杯のコーヒーがこんなにもおいしいとは。感動です。

すっかりはまってしまった様で、モニターが終わった後もレッスンを続ける事にしました。

きっとこれからたくさんの思い出ができると思うけど、ここに来て一番にオーストラリアを好きにさせてくれたのは海、サーフィンでした。

波がはじけて輝く時、広い海に映る夕焼け。海は偉大でした。

日本から引きづって来た物、新しい土地での葛藤、すべて洗い流してくれました。

この機会を与えてくれたジョイネットにも感謝、そしてこれから来る人にも、もしチャンスがあったらぜひおススメします。

しかし寒さはやはり厳しいので、できたら暖かくなってからの方がいいかな!?

でもこの寒い時期の特権でほとんど毎日マンツーマンや多くても2〜3人で、レッスンを受けられます。

英語もいっぱい話せるし、良い機会だと思います。

ぜひ。来週にはマイボードを買う予定です。

よぉーし、もっと練習してもっとオーストラリア好きになってやる!てなところで。

みなさんありがとうございました!

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む