ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > 夢を追いかけるサッカー列伝 > 英貴選手のプロサッカー列伝 VOL.1

夢を追いかけるサッカー列伝
英貴選手のプロサッカー列伝 VOL.1

プロサッカー選手を目指して、チャレンジしているワーホリメーカー達の軌跡をお届けします。
一緒に応援してください。

オーストラリアでプロサッカー選手を目指す仲間たち!!

VOL.1 オーストラリア生活スタート!

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

プロサッカー列伝 Vol.1 オーストラリア生活スタート!

俺のワーホリがスタートして早11ヶ月が経った!第一に英語習得、第二にサッカーという目的でオーストラリアに来たのだが、自分の英語のセンスのなさに気付き、オーストラリアに来て1ヶ月で第一の目的を英語からサッカーに変えた。

ここでサッカーを始めたのは、語学学校のスタッフの紹介で入れてもらった韓国リーグに参加している韓国チームだった。草サッカー程度だが大会では毎回優勝、今年4月には大会MVPももらった。

そのチームには、元プロリーグでプレーしていたチームメイトがいて、その人の紹介でオーストラリアリーグに加盟している、アマチュアリーグに入る事ができ、今年3月〜8月までプレーした。周りはオージーばかりで、レベルも一気に高くなった。

ここでの経験は自分を成長させてくれたと思う。シーズン中もコーチに「プロリーグでプレーしたい!」とずっと言っていたので、シーズン終了後にコーチからプロチームのトライアルがあると聞き、チームメイトと一緒にテストを受けに行った。

9月半ばから30〜40人が集まってゲームをするだけのトライアウト。これが2〜3回にわたって行われた。その中から4人に選ばれ、そこからはそのプロチームのプレーヤーに交じって2週間くらいトレーニングした。

10月4日の練習試合

VS Bankstown(昨年の優勝チーム)にDFでスタメン、フル出場。前にプレーしていたアマチュアリーグに比べて、スピード、スキルがまったく違う・・・・!!プレッシャー、パス回しは速いし、テクニックも断然にうまい!最初はかなり戸惑ったが、だんだん落ち着きを取り戻し、なんとか無失点で押さえ2対0で勝利することができた。

10月7日のトレーニング後、コーチに呼ばれ「今シーズンうちでプレーしてくれ!早くビザを切り替えろ!!」と、いきなり言われ「ホント!マジで〜!?」って感じだった。

10月17日16:00

いよいよその時が来た!

Lambert Parkでの試合。「Sydney Crescent Star!37 Hidetaka Ishii!」と、試合開始前のメンバー紹介で自分の名前がスタジアムに響いた時はさすがにシビれた。

ついに俺はプロデビュー!プロと言ってもAustraliaはやっぱりラグビーとクリケットがメジャースポーツ。そのためサッカーは日本みたいに華やかなものではない。Jリーグのサポーターのような応援はないし、テレビ放送もないし、カメラマンも少ない。でも観客は200〜300人はいたと思う。俺にとっては十分すぎる舞台、そんな環境でプレーできて本当に幸せだった。

今日から16チームでのカップ戦(JOHNNY WARREN CUP)が始った。VS MANLY-WARRINGAH DOLPHINS の試合には1対2で負けてしまったが、スタメンで出場できたし、俺のAustraliaでの夢「Australiaでプロになる!」というのが叶った瞬間だった。

この目標は常に頭に入れて生活してたから何とも言えない感動だった。常にサッカーの事は頭にあったが、もちろん四六時中サッカーのことしか考えてなかったわけではない。俺にはワーホリで出会った大切な仲間がいて、そいつらとPartyしたり、PUB行って騒いだり、そういうリラックスできる時間があったからこそ心身ともにいいコンディションでサッカーができたと思っている。

今の俺があるのはこの仲間のおかげだと思ってるし俺のワーホリはこの仲間なしでは語れないほど重要な存在だった。本当に感謝している。「みんなありがと〜う!」でも俺にとってはこれからが本当の勝負。プロになった位で満足せずさらに上を目指してがんばっていこうと思う。

《デビュー戦が当地のサッカーマガジンに大きく掲載されました!》

AUSTRALIAN AND BRITISH SOCCER VOL.24 NO.1210-Tuesday, October19 2004より掲載

It was a good workout for both sides,but perhaps the brightest player on show was Crescent Star's new Japanese recruit, Hidetaka Ishii,who drew praise from opposition supporters, as well as neutrals, with his silky skills.

(両サイドとも良い動きをしていたが、おそらく特に目立っていたのはCrescent Starチームの新人日本人選手の石井英貴選手。彼の柔軟性に富むサッカー能力に引きつけられ相手サポーターまでも賛美した。)

WHOS HOT:Hidetaka Isgii(Crescent Star), who began at sweeper and was then pushed into a midfield spot caught the eye nicely.

(石井選手はすごい観察力でフィールド中央まで流れるような動きで動いた。)

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む