ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > 夢を追いかけるサッカー列伝 > 英貴選手のプロサッカー列伝 VOL.3

夢を追いかけるサッカー列伝
英貴選手のプロサッカー列伝 VOL.3

プロサッカー選手を目指して、チャレンジしているワーホリメーカー達の軌跡をお届けします。
一緒に応援してください。

オーストラリアでプロサッカー選手を目指す仲間たち!!

VOL.3 ケガから復帰!

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

プロサッカー列伝 Vol.3 ケガからの復帰

これまでの経緯・・・

1月9日の練習ゲームで思わぬアクシデントに見舞われてしまったHIDE選手。ドリブル突破を図る相手選手に体を入れて止めた際、左手薬指を粉砕骨折してしまったのだ。

チームの中心選手であるがゆえにチームの勝利にこだわる気持ちからの怪我だから致し方ないとはいえ、大好きなサッカーが出来ない歯がゆさもある。1週間後の17日に3時間の手術を施し、その後は懸命にリハビリに励んだ。今回は、リハビリ中からのHIDE選手の活躍をお届けします。

ケガからの復帰

手術後、すぐにでもプレーしたかったけどドクターに止められ3試合はスタンドから試合を観る形になってしまった。0対2、1対4、1対2とチームは3連敗・・・。そして手術から3週間後の2月6日。恐怖心はすげーあったけどプロテクター、テーピングで指を固定してMFで出場。相手は去年までAustraliaの1部リーグだったMarconi。俺のマークした奴は元U-18オーストラリア代表らしくテクニック・スピード共に他の選手とは違っていた。

1ヶ月ぶりの試合だったから後半30分くらいから両足攣り始めて、コーチに交代選手が残ってなくてラスト15分間は攣りながらプレーした。俺のマークの奴に1点決められたが結果は2:2の引き分け、勝ち点1をゲットした。

今俺はSydneyのCityで家のオーナーをやっている。住んでいるのは全員日本人で計8人。日本の地元も、やってた事も、Sydneyでの生活も年齢もみんなちがうけど、この家で出会い生活を共にし、みんなの個性が良い感じにミックスされてて、シェアメイトのおかげで「帰りたくなる家」を作り上げることができた。

そんな俺のシェアメイトが3月6日にVS A.P.I.Aを観に来てくれた。ウォーミングアップ後ロッカールームに戻ってユニホームに着替えグラウンドへ。観客は150人くらいしかいなかったが、超目立っている集団がすぐに目に飛びこんきた。

赤、緑、青などの派手なカツラをかぶり、ウチワに「H・I・D・E」。チームメイトには「あれ、Hideのファンクラブ??」(もちろん英語で)とか色々つっこまれてちょっと恥ずかしかったけどスッゲー嬉しかった。DFで出場。俺がボールにさわっただけで、スタンドから「H-I-D-E-」。なんか有名人になった気分だった。先制点を取られたが後半、コーナーキックのこぼれ球を拾って俺からJohnへパス。Johnがダイレクトでシュートし左隅にゴール!!しかしロスタイムに以前うちのチームでプレーしてた奴にヘディングで決められ1対2で負けてしまった。せっかくみんなが応援してくれたのに勝てなかった・・・。

Premier Leagueには16チームあり、全チームFirst Grade(トップチーム)、U-20(20歳以下)という2チーム持っている。うちのチームの開幕時はFirst、U-20共に20人位ずついたがチームオーナーが何人かの選手に金を払わず、そいつらが別のチームに移籍してしまった。1人、2人なら問題はないが毎週1〜2人ずつチームを去って行き、更にケガ人も続出し、いつの間にかFirst Gradeだけじゃ、チームを作れずU-20から選手借りるというありえない事が起き始めた。

しまいには13節終了後チームオーナー、コーチ、フィジカルコーチもチームを離れる事になり、マネージャーをやっていた人がオーナー兼コーチという形になった。試合には勝てないし、チームが金をもってないから契約の時より給料は減ったし、トレーニングも週3だったのに週1になり、別のチームに移る事も考えた。誘いの話もあったがマネージャーの人にすげーお世話になってたし、良くしてもらってるからかなり迷ったけど、Crescent Starに残る事にした。

3月19日、16チーム総あたりのリーグが終わり、2週間かけて上位8チーム、下位8チームに分かれ、勝ち点とかはそのままだが、また総当りで7試合が行われる。

上位8チーム(Champion League):優勝争い

下位8チーム(Challenger League):下位3チームは下のリーグに降格。俺のチームは1勝10敗3分・・・負けっぱなし!!

4月3日から残留をかけてChallenger Leagueが始まった。しかしチーム状況は悪いままで、先週の試合では俺ともう1人以外は全員U-20の選手で16歳の奴らなんかもいて技術、精神面はもちろん劣るし、明らかに経験不足・・・全く試合にならなかった残り2試合。もう降格は決まってしまい消化ゲームっぽくなってるけど、やるからには勝ってシーズンを終えたい。

このシーズンが終ったら1つ下のSuper Leagueでプレーする事を考えている。もうSuper Leagueのシーズンは始まっているが、今何チームかのトレーニングに参加して向こうが俺を必要としてくれたチームの中から条件がいいチームに決めようと思っている。初心に戻って、また頑張ろうと思う。

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む