ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > 夢を追いかけるサッカー列伝 > 英貴選手のプロサッカー列伝 VOL.4

夢を追いかけるサッカー列伝
英貴選手のプロサッカー列伝 VOL.4

プロサッカー選手を目指して、チャレンジしているワーホリメーカー達の軌跡をお届けします。
一緒に応援してください。

オーストラリアでプロサッカー選手を目指す仲間たち!!

VOL.4 新天地!

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

プロサッカー列伝 Vol.4 新天地!

これまでの経緯・・・

1年目のPremier Leagueでの選手生活は、怪我に泣かされ、チームは降格という初めての経験だらけだった。2年目の今年、怪我を克服し、チームも移籍し、Super Leagueという新天地でのHIDE選手の新たな戦いが始まった。

今回は、新天地でのHIDE選手の活躍をお届けします。

新天地!

まだPremier Leagueシーズン中だったけど、5月3日、以前プレーしていたコーチに誘われて、Premierの1つ下Super Leagueのチームのトレーニングに参加した。Premier Leagueでプレーをしていて俺のチームと戦った事がある人がコーチ兼プレーヤーだったから自分のプレースタイルなども知っていてくれてたし話は早かった。この段階ではレベルは低かったが、Premier終了後は何人かの選手が来るって話を聞いてたし、チームオーナー・コーチなども俺に興味を持ってくれたから3回目のトレーニングの時にサインした。Leagueは1つ下がるけれど家から近くなったし、チームメイトもいい奴ばっかだし、給料も前より良くなったし、このチームでプレーするのが楽しみだった。

5月14日 Premier League最終節  V.S Wollongong

11月にシーズンが始まって色々な事があった。1月には左手薬指を手術をした。ほとんどの選手がチームを離れ、コーチ・オーナーも去り、残ったメンバーでここまえ戦ってきた。俺は英語が話せないけど若い奴ばっかりだっらからなんとか頑張ってチームをひっぱってきた。この試合も負けてしまったがラストゲーム、楽しくプレーする事ができた。俺の1年目のPremier Leagueも今日で幕を閉じた。日本に帰国した奴らや大学時代の友達、Sydneyの友達に「Hideは自分のやりたい事頑張って偉いね!」ってよく言われるが、サッカーするためにAustraliaにいるのに最近の俺はバイト・遊びが生活の大半を占めている。俺は昨年の6月からCityにある富士屋という居酒屋でキッチンハンドをやってる。前までは試合前日は仕事せず家でゆっくりしスパなどに行って試合に備えてた。基本的には試合は日曜日だから、金・土は酒も一気しまくったり、朝まで飲む事も多くなってる。ここで働いてるのはほとんどが日本人。ワーホリはどの子も多く入れ替わりが激しいがいい人ばっかで、すっげー楽しい。でも俺の居場所はここじゃない!9〜10月頃からはPremierの各チームのトライアルなども始まるし、今自分が一番やらなければいけない事をちゃんとやる。そう心に決めた。

5月22日 Super League 12節目 V.S Hajduk

スタメン発表の時、ホワイトボードに俺の名前はあったが・・・基本的に俺はディフェンシブの選手で、DJかScottのポジションだがサッカー始めて17年!プレーした事のない左ウィングだった。オフェンスセンスのない俺にコーチからの指示は「高い位置でプレーし、ストライカーにいいクロスをあげろ!」その瞬間心の中では「俺のプレースタイル知ってるんだろ!そんな難しい要求すんなよ!」って思った。でも文句言ってらんねーしやるしかない。うちのDFがひどい・・・ミスが続き3失点、うちも2点取ったが一歩及ばず初戦を勝利で飾る事はできなった。

6月5日 V.S FC Bossy (首位のチーム)

左ウィングでスタメン出場。首位のわりにはみんなそれ程うまくなく前半0:0。後半に入りお互い決定的なチャンスを作る事ができず残り5分。コーチ兼プレーヤーのScottのロングボールからストライカーOmarがシュートし、右サイドネットに吸い込まれるように入った。11人が集まり喜びを分かち合った。その直後、試合終了。3試合目にして勝ち点を取る事ができた。練習の時、コーチに「左ウィングどうだ?」って初めて聞かれ、俺は出れればどこでもいいけど、できればボランチをやりたいって伝えた。

7月1日 Crescent Starのコーチに呼ばれてPremier Leagueの表彰式(Gold Medal Dinner)へ行った。会場には各チームのコーチ・プレーヤー・スタッフなど計300〜400人が集まった。テーブルに置いてあった冊子を開けて見るとそこには16人の名前が書かれてあった。Premier Leagueには16チームあり各チームのコーチが自分のチームのベストプレーヤーを選び、選ばれた16人中からMVPを決めるらしく、その中にHidetaka Ishii-Sydney Crescent Star叫びたくなるくらい嬉しかった。うちのチームは最下位だったし、もちろんMVPになるわけはなかったが、2つのでっかいスクリーンに名前・写真が映った時は本当に感動した。この頃からPremierのチャンピオンチーム(Bankstown)から3人、元オーストラリア代表DF,元1部リーグでプレーしてたGKなどが加入してきてレベルも一気に上がった。

7月3日 V.S Dulwich Hill(2位のチーム)

5月22日に比べるとだいぶメンバーも替わった。この試合からうちは負けてはいけないチームになった。アウェーで2位のチームに1:1の引き分け。

7月10日 V.S Fairfield 4:1

7月17日 V.S Hurstvill City 0:0

7月24日 V.S Fraser Park 2:0

7月31日 V.S Sutherland 2:0

ボランチで出場できるし、今いい感じでプレーできてる。現在14チーム中10位。残り4試合全部勝って、少しでも上を目指したい。

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む