ワーキングホリデー&留学。個人で手配する場合の出発までのスケジュール

ワーキングホリデー&留学の渡航準備物語!出発&手続き方法のHOW toマニュアル。

これからワーキングホリデー&留学で渡航を考えているあなたへ、渡航前の完全マニュアルとして出発までのHow toをまとめています。
このHOW toマニュアルを活用して、しっかりと準備をしていただき、すばらしい海外生活が送れる事を願っています。

完全マニュアル10へもどる │ 完全マニュアル12へすすむ

Vol.11:個人で手配する場合の出発までの仮想タイムスケジュール

 自分自身で手配をして渡航する場合のモデルスケジュール

ココでご案内するタイムスケジュールは、自分自身で手配をして渡航する場合の時間的な余裕を考慮した一般的なモデルスケジュールです。
あなた自身の計画モデルとして、ご利用ください。
もしあなたの渡航予定がギリギリの場合は、ビザ申請など緊急手配も必要になります。
ご注意ください。

渡航の1年前~6ヶ月前
■準備に際しての情報収集(ビザ規定のチェック。レギュレーションが頻繁に変わります)。
■手配に際しての情報収集(手配上、何が必要で優先順位の確認)。
■現地生活に際しての情報収集(仕事情報、フラット情報、イベント情報)。
■パスポートの残存有効期間の確認。
■クレジットカード取得(在職中に申請しましょう)。
■現地生活予算の概算・準備(家賃・交通費・食費・他)。
■英単語の暗記(中学・高校レベルの単語の暗記を出発まで続ける)。

渡航の5ヶ月前~3ヶ月前
■国と都市の選定。
■渡航予定都市の語学学校の情報収集。
■歯の検診・治療を開始。
■学校の選定。
■学校スタッフとコンタクト開始。
■学校詳細情報の確認。受講コース、料金と支払方法と申込方法の確認。
■学校申込み書の手続きの確認。
■ビザ申請を進めていく。
■航空券の予約(現地到着は金曜日の朝に設定する)。
■手配の開始。
■入学願書の提出、申込書の提出。
■学校へ海外送金手続き(別途送金手数料が必要)。
■支払い完了の連絡をする。

渡航の3ヶ月前
長期間にわたる海外生活をするうえで、日本との生活ギャップを把握する事は必要不可欠です。
過去に起きたトラブル事例や事件等の情報を知っているだけで、海外生活の成功度・充実度の差が明確に違います。
夢物語りだけではない、本当の裏事情を知っておく必要があります。
カウンセラーが話さない、裏事情をまとめたもので、海外生活を成功させるための秘訣、トラブルを未然に防ぐ解決策が満載の充実コンテンツです。

渡航の2ヶ月前~4週間前
■滞在先の所在地、周辺の利便性の情報収集。
■滞在先から市内までの交通機関の情報収集。
■学校所在地・最寄り駅等の情報収集。
■現地の銀行口座開設について検討。
■ビザ取得の確認。
■学校入学願書の書類の確認、入学日・コース期間のチェック。
■宿泊先の予約確認書の入手。
■海外旅行傷害保険の情報収集。

渡航の3週間前~1週間
■海外旅行傷害保険の申込手続き。
■到着後の移動手段の確保。
■現地の交通手段の利用方法の確認。
■各手配先の連絡先の把握。
■現地の通信手段(現地携帯電話)の確保。
■公的機関の手続き。
■国際運転免許証の取得。
■お金の持って行き方の確認。
■出発に際して、必要な準備と各種手続きをすべて整える。

渡航の3日前~前日・出発日
■入国に際しての注意確認。
■持込み制限の最終確認。
■手配した各種機関の連絡先への最終確認。
※出発当日に、機材故障やフライト時間の大幅変更、自分自身の体調が悪くなって出発が出来なくなったら各機関に連絡。無連絡の場合、手配していたものが取消されます。
■荷物の最終チェック。
■学校までの行き方の最終確認。
■生活用品・生活用品の入手先をチェック。
■住居(アパート)情報の収集先の確保と探し方を最終確認。
■アルバイト情報の収集先の確保と面接の仕方を最終確認。
これらを準備段階でしっかり確認すると、現地到着後の行動がスムーズになります。

到着・到着後
自分が手配した内容に合わせ行動を開始。
送迎を依頼している場合は、出迎え業者をしっかり確認。
銀行口座の開設。
納税者取得番号の取得。
在留邦人届の提出。
病院場所の把握。
危険地帯の把握。
交通機関の利用マニュアルとパスの購入。
路線図や地図などを購入。

さあ、夢の海外生活がスタートです!
いかがでしょうか?
個人で手配手続きをした際は、やらなければならない事がたくさんあります。
注意しながら進めましょう。
また、個人で手続きを進めるにあたり、このモデルスケジュールはすべてをカバーしていません。
あくまでもモデルであり、他にも多々手続きや情報収集をしなければならない事があります。ご注意ください。

なお、個人で手配をする際の注意点について多くの質問をいただきますが、個人手配手続きについての個々の質問は受付けておりません。
弊社をご利用いただいている皆様との差別化を図る意味でご了承ください。

完全マニュアル10へもどる │ 完全マニュアル12へすすむ

PAGE TOP