ワーキングホリデー&留学エージェント選別について

ワーキングホリデー&留学の渡航準備物語!出発&手続き方法のHOW toマニュアル。

これからワーキングホリデー&留学で渡航を考えているあなたへ、渡航前の完全マニュアルとして出発までのHow toをまとめています。
このHOW toマニュアルを活用して、しっかりと準備をしていただき、すばらしい海外生活が送れる事を願っています。

完全マニュアル6へもどる │ 完全マニュアル8へすすむ

Vol.7:情報収集とエージェント選別について

 情報収集とエージェント選別について。

情報の収集方法としては、Vol.1でもご紹介しましたが、各国の大使館および各国の政府観光局等の公の機関から情報を得る事ができます。
大使館に足を運べるようであれば、大使館内にある情報コーナーで、語学学校のパンフレットや現地の新聞等を得る事もできます。
※大使館や政府観光局等で得る情報は、個人の責任に於いて判断し、情報の利用有無を検討してください。

また、情報収集の注意点として、個人ブログや個人サイトは、偏った見方や意見が多いですから、一つの情報として捉えておくようにしましょう。
いろんな方、経験者に直接話を聞いて判断されると良いと思います。

若しくは、ワーキングホリデーや留学の専門業者も、たくさん存在していますので直接問合せて情報を得る事もできます。
実際に個別カウンセリングやガイダンスに参加してみて、あなたが安心できるエージェントを見つけましょう。
その上で、実際にエージェントを利用するかどうかを検討してください。

Go for itでも無料個別カウンセリングを随時受付けています。
お気軽にご連絡ください。
0120-972-541 (フリーダイヤル)

 日本のエージェントと現地のエージェントの違い!

基本的に、日本のエージェントのほとんどは現地にオフィスを構えていません。
現地のエージェントと契約をし自社オフィスとしてご案内しています。
逆に、現地のエージェントは日本にオフィスを構えていません。
日本の留学エージェントと契約をして、現地サポートを請け負っています。
この業態は、旅行業界も同じです。
海外へ旅行に行った際、現地の空港出迎えは現地の請負契約会社が、日本で申込んだ会社のプレートを持ってお迎えしています。
この業態は、旅行業法に則ったビジネス形態ですから全く問題ありません。
ご安心いただければと思います。

ただ、昨今の留学エージェントや旅行会社の破たんにより、業界への信用や信頼が無い事も事実です。
特にインターネットのみで運営する会社(個人事業者)は、代金を支払った後に音信不通になってしまうケースが多発しています。
このケースは、現地エージェントと称して、対面での案内が無くメール対応のみの事業者に多く見受けられます。
一生懸命に貯めたお金が、一瞬のうちに騙され、搾取されてしまうケースが後を絶ちません。

ここで、1ポイントアドバイス!
エージェントを利用する場合の見極め方をご案内します。
日本と現地の双方にしっかりとオフィスを構えている会社を選択した方がベターです。
渡航前、現地滞在中、帰国後までのケアが受けられますから、信頼面、信用面では安全と言えます。
同時に、電話カウンセリングや対面カウンセリングなども体感してみましょう。
さらに、次のセンテンスでは、エージェントを利用する場合の、注意点をご案内して行きます。

完全マニュアル6へもどる │ 完全マニュアル8へすすむ

PAGE TOP