ワーキングホリデー&留学。エージェントはトラブル発生時のサポート体制の充実度で決める

ワーキングホリデー&留学の渡航準備物語!出発&手続き方法のHOW toマニュアル。

これからワーキングホリデー&留学で渡航を考えているあなたへ、渡航前の完全マニュアルとして出発までのHow toをまとめています。
このHOW toマニュアルを活用して、しっかりと準備をしていただき、すばらしい海外生活が送れる事を願っています。

完全マニュアル8へもどる │ 完全マニュアル10へすすむ

Vol.9:エージェントを利用する場合の価値!

 エージェントを利用する際は、トラブル発生時のサポート体制が一番重要。

個人で学校を手配してトラブルに遭遇した際、言葉の問題からトラブルを解決することは大変です。
エージェントを通す事により、学校に対する返金制度の督促や催促が可能です。
また、実際に閉鎖になった場合に、他の学校へのtake overのサポート等を受ける事ができます。
※エージェントによっては、何も対応してくれない会社もありますからご注意ください。

エージェントを利用する際は、トラブル発生時のサポート体制が一番重要です。
カウンセラーに、しっかりと確認をするようにしましょう。
即答できないようなカウンセラーは、果たしてどうかと思います。
日本にいる家族との連携、現地でのトラブル時のケアなども確認しておきましょう。
夢物語だけではなく、現地で生活する上での裏事情もしっかり案内してくれるカウンセラーが一番信頼できます。

 エージェントのキャッチフレーズ。

最近、良く見かけるのが「サポート無料!」というキャッチです。
とにかく安さをPRしていますが、そのサポートの内容と実態をしっかり確認するようにしましょう。
学校と旅行保険を申込めば、サポート無料とするケースが多いのですが、【学校料金を割引しています!】と自社の企業努力として強調したりします。
しかし、現地のほとんどの学校が割引キャンペーンを行ないますから、そのキャンペーンをそのまま案内すれば良いだけの事です。
また、海外旅行傷害保険も保険会社が正規に案内する内容ではなく、必要最低限の内容でアレンジすれば、3万円~5万円も安くできます。

学校と保険会社からの紹介料だけで成り立っているわけですが、その紹介料だけで【充実のサポート無料】というのは多いに疑問です。
現地で受けられるサポートは、当たり前ですが必要経費がかかります。
空港の出迎えからオリエンテーションに至るまで移動費や空港駐車料金やスタッフ人件費などの必要経費がかかります。
これらの費用コストは、果たしてどこから生まれるのでしょうか?
語学学校の紹介料、保険の紹介料だけで運営が可能とは思えません。
無料サポートについては、内容をしっかりと確認しましょう。

確認しておきたい点として
★現地滞在中は電話だけではなく、オフィスにて対面のサポートがあるか?日本人スタッフが対応するケア体制ができているか。
★空港の出迎えは、日本人(または日本語を話すローカルスタッフ)が行っているか?
★24時間緊急時の対応は、現地スタッフかどうか?
※保険会社に代行させてる場合があります。
★現地オフィスでの生活相談や各種相談が無料で受けられるか?
★現地に行ってから、さらに費用がかかったりしないか?
★トラブル発生時の体制はどうなっているか?日本のスタッフの緊急連絡先も案内されているか?
★有事の際の日本側でのケア体制はどうなっているか?
※日本の家族との連携や現地到着後の定期コンタクト・親族の渡航費用の補償や見舞金など、保険でカバーされていない補償を含めしっかりとしたバックグラウンドがあるか。

最低でもこの程度は確認しておきましょう。

完全マニュアル8へもどる │ 完全マニュアル10へすすむ

PAGE TOP