【楽しみながら初めて経験することだらけ】のワーキングホリデー体験談

現地で満喫したワーホリメーカー達の体験談とアドバイスを考察!

これからワーキングホリデーで渡航を考えているあなたへ、海外生活を堪能し、満喫し、充実させている10人の体験談と経験者からのアドバイスをご案内します。

充実体験談の一覧へもどる │ 充実体験談レポート2へすすむ

Report 1:海外生活を堪能し満喫した充実感満載の体験談

オーストラリアにワーキングホリデーで滞在中のI・H君からの体験談を交えたアドバイスをお届けします。

こんにちは。ワーキングホリデーでオーストラリアに来て、早4ヶ月が過ぎました。
ホント、あっという間です。
最初は初めての海外生活なので戸惑いましたが、ホストファミリーがすごく優しくて、いろいろ教えてもらいました。
語学学校も最初はelementaryクラスでしたが、12週間通って最後は何とかintermediateまで行けました。
まだまだ英語に苦しんでますが、初めてのことだらけなので、毎日が新鮮で楽しんでます。

特に、楽しかった事は、日本人以外の友達が出来た事。
色んな国の人々が住んでいるのでそれぞれの文化や生活Styleも学べます。
感動した事は、地元での仕事がゲットできた事。
今まで、できなかった事が、できた事。

苦労したのは、仕事探し。
ようやく地元の仕事が取れたけど、いっぱい電話したり、直接訪問したり、面接も行きました。
言葉がうまく伝わらず、自分の不甲斐なさに、いらだったりしましたけど、毎回毎回、少しずつ成長していってる気がしてます。
そういう過程があったので、仕事が取れた時は本当に嬉しかったです。

ここで、こっちにきて4ヶ月の僕が覚えた役立つフレーズを。
・might as well
せっかくAustraliaに来たのだから、I might as well speak English.
・It’s all good!!
頑張って下さい。
・get used to it 何事も「慣れ」が必要です。慣れすぎず慣れていきましょう。
・Good things take time. 何でも時間が掛かります。Step by Stepで頑張りましょう。
※少々意味のニュアンスが違うと思いますが・・・(Go for it談)

ちなみに、今仕事は二つしているのですが一つはCafeでもう一つはジャパレス(Japaneseレストラン)です。
CafeのChefとOwnerは少し変わっているので、すぐ怒ります。
You fuck’in idiot とか You hopeless とか平気で言いますが、これも「あっこういう風に怒るんだな」ってPositiveに受け止めましょう。
ジャパレスでは、Waiterをやらせてもらっていますので、客と接する機会が多く、ほとんどオージーです。
初めの頃はmenuも分からず、英語も聞き取れず、ストレスいっぱいでしたが、今は少し慣れてきて、ちゃんと働けるようになりました。
まかないも美味しいし、レストランはお金の節約にもなりおススメですよー。
ただ、日本のメニューの事を聞かれるので、答えるのが難しくて大変です。
AGEDASHI TOFU(揚げ出し豆腐)がメニューにあるのですが、TOFUは何からできてるのか、味付けは何か、いろいろ日本食に興味があるお客さんに聞かれるので、日本人なのに日本食のことが答えられない不甲斐なさを感じてます。

失敗した事は、2回だまされた事。(計$1000損失)。
シェアアコモデーション選びで、シェアメイトが危険な奴だった。
文化の違いを感じた事は、いっぱいあります。でもどこの国でもいい奴はいい奴だし、悪い奴は悪いです。
すぐに解除して出ましたけど、悔しい思いが残ってます。

それから、国に対する偏見は特に持たない方が良いです。
そして、目的を持って行動した方がいいです。
思いっきり遊ぶなら遊ぶ、何かを学ぶなら学ぶ。
一年間は限られているのでダレずに「一日を無駄にしないぞ!」位の気持ちで、出来るだけの事をやりたいですね。
全てが良い経験になると思うので、失敗や恥をかくのを恐れずに。

あと、日本にすごく大切な友達、彼女(彼氏)、家族がいれば、常にその人達が心の支えになってくれますので、こっちで日本人の友達をそんなに作る必要ないですよ(笑)
まだこちらに来て4ヶ月少しの僕ですが、アドバイスになれば幸いです。
これからのワーホリ生活、何が得られるのかワクワクしてます。
みなさん、それぞれの生活スタイルを楽しんでください。

充実体験談の一覧へもどる │ 充実体験談レポート2へすすむ

さて、ワーキングホリデーで充実した海外生活を満喫されているI・H君の体験レポートはいかがでしたか?
海外で貴重な体験ができることは言うまでもありません。
しかし、その中には自分でも気がつかない危険がたくさん潜んでいる、という事を忘れないでくださいね。
I・H君も何度か体験されたようですが、日本人が海外で巻き込まれるトラブルは後を絶ちません。
ですが、それらのほとんどは、本人がほんの少しだけ注意さえしていれば、未然に防げるケースが多いのです。
海外では自分の身は自分で守るというのが鉄則です。
そのために一番大切なことは、危険を察知したらすぐに行動を起こすことです。
ぜひ渡航前に、危険を回避する具体的な方法や対策も知っておくようにしてください。

不安な事、予定や計画の立て方、予算や準備などで、わからない事は、いつでも遠慮なくお問合せいただければと思います。
海外での生活を有意義に満喫していただくために、ぜひこれらのレポートを参考にしていただければ幸甚です。

お問合せ:フリーダイヤル0120-971-541
東京都豊島区南池袋2-8-1エバーグリーンビル2F
株式会社ゴーフォーイット

PAGE TOP