ワーキングホリデーのジョイネット トップへ > ワーキングホリデーのよくある質問Q&A一覧 > 帰国した後の就職は難しい?編

ワーキングホリデーQ&A
帰国した後の就職は難しい?編

ワーキングホリデーについて、
皆さんから寄せられる様々な疑問、よくある質問にお答えします!
帰国後の状況や情報を教えてください!編

Q1 ワーキングホリデーから帰国した後の就職は難しいですか?

A1
ワーキングホリデーで1年間の海外生活をしただけでは、帰国してからの就活は難しいと思います。

ワーキングホリデーで滞在期間中に、何を経験したか、何を得られたか、資格の証明や経験の証明などの他、自分がチャレンジしたい職種に関連する仕事に関わったり、どれだけの人脈のネットワークを築き上げることが出来たか、自分自身をどのように売り込む事が出来るか、またはアピールできるかがポイントです。

例えば、1年間という限られた時間の中で30カ国以上の人脈を築いて帰国した場合、その人脈ネットワークを活かしてビジネスに繋げる事が出来るスキルがある事をPRしたり、日本にはないビジネスモデルや商材を日本で活かすためのノウハウを持って帰国した場合、就活には大いに役立つはずです。

やり方や方法がわからないから、指示を待って引かれたレールに乗るという意識ではなく、やり方や方法を聞いたうえで、自分なりの道標を持つ事が大切で、その道標や目標に自分の力とサポートの力で達成するために頑張って進む意識がなければ、就活では生き残れませんし、せっかくの海外生活も単に海外生活をしてきただけで終わってしまうでしょう。

大切なのは、1年間の間で、ただ単に遊んできたと思われないために、明確な計画と目的と目標意識を持っていけば、自分でも気づかないうちに大きな経験という財産を手に入れることができると思いますし、帰国後の就活の武器に繋がります。

だからこそ、帰国後の事も考えた上で、渡航前の準備をしっかり行なってから渡航するようにしましょう。

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・

オーストラリア ニュージーランド カナダのワーキングホリデー 資料請求

Q2 ワーキングホリデーから帰国した人達は、
どんな仕事に就いてますか?

A2
ワーキングホリデーで滞在期間中に、何か資格を得ている場合は、その資格を活かした仕事に就いているケースが多いです。

また旅行業界、留学業界、ホテル業界で自分の経験を活かして活躍されている方もいます。

語学力を身につけて帰国されている場合は、外資系の企業や英会話スクールなどで活躍されている方もいます。

その他、弊社を利用して帰国された方では、以下のような職種に就いています。
航空業界、IT関連業界、メディア業界、留学業界、旅行業界などです。

また、ワーキングホリデーで感じた事、新たに生まれた考え方、新たな道に進まれる方もたくさんいます。

逆に、帰国した後、海外での夢の生活から脱しきれず、自分を模索する時間を追及し、なかなか社会復帰をせずに仕事に就かない方もいます。

滞在期間中の経験値の差が、帰国した後に大きな差として表れてきているようです。

・・・・・・・・・・このページのトップへ・・・・・・・・・・

オーストラリア ニュージーランド カナダのワーキングホリデー メールで相談