ホーム > オーストラリアのワーキングホリデー > クイーンズランド州政府から留学情報! > 第9回 大学へ留学

クイーンズランド州政府からの留学情報
第9回 大学へ留学

オーストラリア クイーンズランド州 各都市の学校 資格情報!!

第9回 クィーンズランド州 大学へ留学

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む

クィーンズランド州の大学概要

オーストラリアの39大学のうち9大学がクイーンズランド州に点在しています。これらすべての大学で英語研修、科学、ビジネス、情報科学、アート、経済、などで幅広い分野でUndergraduateやPostgraduateのコースを勉強することができます。

特にクイーンズランド州の大学は、経済や文化関連の分野に強いことで知られています。海洋学、熱帯雨林環境学、バイトテクノロジー、熱帯・亜熱帯農業、環境経営学、ホスピタリティー、ツーリズム、経営学などが含まれます。

9大学のHome Pageをご紹介しましょう。それぞれのコースなど一度ご覧になってみて下さい。

オーストラリア・カソリック大学 www.acu.edu.au

ボンド大学 www.bond.edu.au

セントラル・クイーンズランド大学 www.cqu.edu.au

グリフィス大学 www.gu.edu.au

ジェームス・クック大学 www.jcu.edu.au

クイーンズランド工科大学 www.qut.edu.au

南クイーンズランド大学 www.usq.edu.au

サンシャイン・コースト大学 www.usc.edu.au

クイーンズランドの大学全てに関して、またはクイーンズランド州の詳細は、www.aqu.qld.edu.auまたはクイーンズランド州政府日本事務所のHPのwww.qld.or.jp(日本語)でもご覧いただけます。

これらの大学では、Full-Fee制度(留学生が学費を全額自己負担して進学する制度)を導入し、海外からの留学生を積極的に受け入れています。

クイーンズランド州の大学過程は基本的に3年間で、日本のような一般過程がないので、入学後は即専門課程からスタートします。大学は2学期制で2月の終わりから3月の初めに新学期が始ります。7月から入学できる学校もあります。

オーストラリアの大学の学部課程では次の資格が取得できます。Bachelor Degree 学士号/Diploma 準学士号的な資格。専門的な知識や技術を終了した証明。TAFEでも取得可。Advanced Diploma,Diplomaのような準学士的な資格で、期間は2-3年。TAFEでも取得可能。

入学の合否は原則として書類審査によって決められる。Bachelorコースなどでは例外もあるが、書きのような条件がある。

1.日本の高校を卒業している事

2.大学が要求する英語力(通常TOEFL550点以上、IELTS6.5以上)があること

3.授業料や滞在費などの留学費用を全額自己負担できる証明書の提出ー財政能力証明

この3つの条件をクリアできれば、入学はほぼ可能。しかし英語力が足りないなど、まだこれから大学に入学するための準備コースも用意されている。そのひとつは、大学付属の一年間のファンデーション・コース。留学生のための特別プログラムで、終了すればほとんどの人が自動的に大学入学できる。数多くの日本からの留学生はこのコースで勉強しています。

大学留学の費用は以下の通り。

文系A$9,000〜16,000(約72万円〜128万円/A$1=80円で換算)

理系A$12,000〜20,000

医学系A$25,000

この他に、渡航費、保険料、教材費、学友会費、運営費、ホームステイやアパートメントの生活費がかかり、全部で年間200万円くらいかかると考えて良いと思います。いずれにしても、自分がどういう勉強をしたいのかよく考えて、積極的に留学の意思をもっていただければと思います。

一覧へ戻る | 前のページに戻る | 次のページに進む